外国人のためのくらしと文化の情報誌「Life in Kyoto」

京都の宝物

ロシア国旗

ユディナ・アナスタシア(ロシア)

 
アナスタシアさん

アナスタシアさん
宝ヶ池公園にて

餌を欲しがる鯉

餌を欲しがる鯉

私たちが日本あるいは世界についていつ話をするときも、京都は日本の中で特別な場所です。山に囲まれて、大都会でもなく田舎でもない印象です。京都は、他のどの場所でも見られない独特な雰囲気があります。日本の魂がここに宿っています。数多くの神社やお寺の周りを巡っているとその気配を感じることができます。このように多くの美しい場所が、ほかの町にあるでしょうか?

私は京都に住んで1年になりますが、まだその一部しか見ていません。それでも、私は多くの場所に魅了されてきました。そのうちの1つが宝ヶ池公園です。それは観光客向けの場所でもありませんし、観光ガイドの本や観光スポットを紹介するウェブサイトにもたぶん載っていないでしょう。京都の北の方にある小さな湖を囲んで造られた、美しい、でもただの公園です。宝ヶ池公園の名前は、英語では“たからのいけ”として、翻訳されています。私がこの公園について感じる印象にぴったり合った言葉です。私が疲れたり、落ち込んでいる時には、穏やかな空や堂々とした山が、キラキラした湖面に映るのを一目見るだけで、私は元気になります。水が非常に綺麗で、湖の底が見え、あざやかな赤と白の大きな鯉たちが悠々と泳いでいます。もし水辺に近づくと、尾びれを振りながらあなたのほうに来るでしょう。まるであなたに会えたことがうれしいかのように。しかし勘違いしてはいけません。彼らは餌をもらうために、待っているのです。もしあなたが、何も持っていなければおそらくあなたは彼らに嫌われてしまうでしょう。鹿も同じです。彼らも鯉と同じ態度で人間に接します。でも、この公園では、鹿はほとんど見かけることはありません。彼らは奈良の鹿とは違い、内気で、新しい仲間を作ることを好みません。実際、私もほとんど鹿を見かけたことはなく、一度だけ彼らの群れに出くわしたことがあるだけです。私の帰宅が遅かったときで、暗かったので、たいへんな経験でした。彼らは私に驚き、私は彼らに驚いたのですから。

宝ヶ池公園の桜

宝ヶ池公園の桜

夕暮れの宝ヶ池

夕暮れの宝ヶ池

また、昨年私と仲良くなろうとした一匹の生意気な鹿がいました。でもその鹿にはそれ以降会っていません。おそらく彼は結婚し、うろつく時間がなくなったか、もしくは人間と友達になることをあきらめたのでしょう。

もしあなたも人間に飽きたなら、公園を囲む山々への一人旅というすばらしい機会を試すのはどうでしょう。多くのルートがあり、山は高くも険しくもないので、とても歩きやすいです。この旅はハイキングというより、リラックスし自然と一体化したかのような気分を味わうためのものです。

あるいは、もしあなたが私のようにバカげたことをしたければ、夕陽を追いかけ、山のてっぺんから沈んでゆく太陽を“さようなら”と見送ることもできます。

 

確かに、宝ヶ池公園には自然だけではなく、テニスコートや子どもたちの遊び場のような楽しめる場所もいっぱいあります。京都国際会議場やグランドプリンスホテルもまた近くにあります。しかし私にとってもっとも感動的なのは、美しく、わくわくさせてくれる風景と穏やかな雰囲気です。だから私は自由な時間があればいつでも、自転車に乗って宝ヶ池公園へ行きますが、それはもちろん一年のうちで温かい時期だけです。私は冬になると、どうやってこの寒さを生き延びるかしか考えられません。冬の寒さは、京都が持つまた違ったユニークな一面ですが、これはまた別の話です。

翻訳:生田 稔(いくた みのる)

この記事に関するご感想をお聞かせください!

このページのトップへ

京都で宇治茶を楽しむ

ほうじ茶と和菓子

ほうじ茶と和菓子

皆さんは日本に来てお茶を飲んだことがありますか?5月~7月は新茶の季節で、お茶が一番おいしい時期です。京都には宇治茶という有名なお茶があります。「公益社団法人 京都府茶業会議所*1」によると、宇治茶は京都・奈良・滋賀・三重の四府県産茶(京都産が最優先)を、京都府内の業者が府内で仕上げ加工しています。宇治茶は静岡茶、狭山茶と並んで「日本三大茶」といわれています。京都府内では、宇治、宇治田原、和束、山城が主な宇治茶の産地です。余談ですが、宇治や静岡の小学校では、小さいころからお茶に親しんでもらうために、ひねるとお茶が出てくる蛇口があります。また、お茶について学ぶ授業もあります。

ほうじ茶が出る蛇口

ほうじ茶が出る蛇口

宇治市内には宇治茶を楽しめる店舗がたくさんありますが、「宇治まで出かける余裕がない」という人でも京都市内で宇治茶を楽しむことができます。例えば、寺町に本店を持つ「一保堂茶舗」では手頃な価格でお茶とお菓子のセットを頂くことができます。また、抹茶パフェ、抹茶アイスクリーム、抹茶・ほうじ茶のゼリーなど、お茶を使ったスイーツを食べることができるお店もあります。

コンビニやスーパーでペットボトルのお茶や、抹茶を使ったお菓子を購入するのも良いですし、時にはお茶の専門店で本格的なお茶やお茶のスイーツを味わってみてはいかがですか?

 

*1 http://www.ujicha.or.jp/

金谷 千菜美(かなや ちなみ)

この記事に関するご感想をお聞かせください!

このページのトップへ

京都市からのお知らせ「臨時福祉給付金(経済対策分)」

2014年4月から消費税が上がったことによる影響を和らげるため、また、経済対策として、京都市から、所得が低い人(2016年度市民税が課税されていない人)に「臨時福祉給付金」を配ります。

○ 対象となる人には、条件があります。詳しい条件は、【お問合せ先】にお問合せください。

○ 対象となる人には、京都市から申請書が郵便で来ます。

○ 申請書は水色の封筒で来ます。申請書を書いて、中に入っている返信用の封筒で2017年8月28日までに送ってください。切手はいりません。

○ 京都市が審査して、対象となる人には、順番にみなさんの銀行の口座にお金が入ります。

【お問合せ先】
京都市「臨時福祉給付金」コールセンター Tel 075-251-2360
Fax 075-251-2361

この記事に関するご感想をお聞かせください!

このページのトップへ

有機野菜は断然美味しい(環境にも優しい)

化学肥料と農薬を使わないで育てた野菜は断然美味しいと思います。しかしながら、近代の急激な人口増による食料難に対応できるよう、化学的に作られた肥料や農薬、更には遺伝子組み換えが使用されています。そのことで、食料は豊富になりましたが、味や環境への影響も考えなければなりません。このような中で昔からの自然だけに任せる有機農業は、生態的に持続可能な循環型社会につながります。京都には、肥料に堆肥を利用する多くの農場があり、いくつかは家畜の糞を使っています。堆肥化するプロセスは、窒素化合物を微生物で分解することに基づき、土壌の通気性と排水性において良い条件にするものです。

収穫した有機野菜はその格別な味でも注目されています。

有機野菜の比率は少ないですが、専用通販サイトを利用できるし八百屋やスーパーでも手に入ります。また、貸農園には有機農業を専門とするところもあり、ご自身で有機野菜を育てて、食べ比べてみませんか。

古田 富好(ふるた とみよし)

この記事に関するご感想をお聞かせください!

このページのトップへ

「京の歌姫」 和製シンガー 柳瀬蓉さん

柳瀬蓉さん

柳瀬蓉さん

京都はかつて日本の首都であり、文化の発信地でもありました。日本の伝統文化の多くは京都で発展したといえるでしょう。そんな京都や和をコンセプトにして、日本の伝統文化を取り入れた独特の世界を展開しているひとりの女性アイドル歌手をご紹介します。

柳瀬蓉(やなせ よう)さんは京都生まれの京都育ち。元々はユニットで活動していましたが、2012年にソロ活動を始めました。 現在、京都を中心にライブやイベント出演などの様々な活動をしています。

今回、私も柳瀬さんのライブに行き、開演前に柳瀬さんにお話を聞きました。柳瀬さんに京都にこだわった活動をしている理由をお聞きすると「ユニットで活動していたときは、京都にはアイドルが少なくて大阪での活動が多かったですが、それが悔しかったので、自分が京都を盛り上げていきたいと思った」とのことでした。そして「見て分かりやすい形で京都や和のイメージを表現したい」とも言っていました。

さて、ライブの様子ですが、当日は会場には大勢の観客が来ていました。ライブが始まると、この日の柳瀬さんは鮮やかな黄色い着物をアレンジした衣装で登場。力強い歌声で唄い始めると、観客は歌に合わせて手拍子をしたり掛け声をかけたり、会場は熱気に包まれました。柳瀬さんは主に作詞作曲を自身で行っており、綺麗な日本語の歌詞を和楽器も取り入れたポップな曲に乗せて着物をアレンジした衣装で唄う姿は、まさに「京の歌姫」。華やかさと活気がありました。

ライブの様子

ライブの様子

 

また、歌と歌の間には、ときには笑いを交えるMCに、初めて来た観客も、何度か来ている観客も、親近感を感じながら柳瀬さんとのおしゃべりを楽しんでいました。

そして最後には、観客も柳瀬さんに合わせて踊ったり飛び跳ねたりして、ライブは大いに盛り上がりました。開演前にお話を聞いた中で、柳瀬さんは活動の中では特にライブが楽しいと言っていました。観客の皆さんも「歌っているときはかっこいいし、話をしているときは面白い。ライブが楽しくて、また来たくなる」と柳瀬さんの魅力を話していました。私も今回のライブを観て、それがよく分かりました。

素敵で楽しいライブを観せてくれた柳瀬さんですが、普段は気さくで明るい女性です。そんな柳瀬さんはアニメ、特にポケットモンスターが大好きで、芸能活動を始めたのもポケモンのオーディションを受けたのがきっかけでした。そして、将来はアニメの仕事をしたいとも言っていました。

皆さんも柳瀬さんのライブに行ってみませんか。柳瀬さんのライブや活動の予定は柳瀬さんのホームページ等でご確認ください。

■公式ホームページ http://ysp0513.com/
■SHOWROOM https://www.showroom-live.com/yanaseyou

鈴木 秀利(すずき ひでとし)

この記事に関するご感想をお聞かせください!

このページのトップへ

立誠シネマプロジェクト

立誠シネマ

立誠シネマ

立誠シネマプロジェクトは、京都市内の木屋町通り沿いにある元・立誠小学校にあり、教室を利用していろいろな映画を上映しています。

元・立誠小学校の建物は1928年に建設されました。正門の前には高瀬川にかかる石橋があり、古風なつくりが白壁とマッチしてとても雰囲気があります。またその石橋の前には、1897年に日本で初めて映画の上映に成功したことを記念した「日本映画原点の地」の記念碑と案内板が立てられています。

建物の3階では、ひとつの教室が立誠シネマプロジェクトの受付になっており、黒板や壁掛け時計は当時のまま、カウンターにはたくさんの映画のパンフレットが並んでいます。

受付ロビー

受付ロビー

その隣の教室で映画の上映が行われています。お話をしてくれた田中誠一さんによると、ここは一般の映画館のような改装をせず、教室をそのまま使用して上映しているそうです。多くの観光客が行きかう木屋町通り沿いにあって、一歩この敷地に入ると、思った以上に静かなこともあり、多くのお客さんが映画を観に足を運んでいる、とのことです。

上映されている作品は日本だけではなく世界各国の作品があり、不定期ながら俳優や地域にスポットを当てた特集も行っています。

日本の古い学校建築を味わうと同時に、映画も楽しめる、そんな経験を楽しんでみてはいかがですか。ひょっとすると、お国の作品に出会えるかもしれませんよ。

開館時間等については、公式ホームページを確認してください。

立誠シネマプロジェクトHP: http://risseicinema.com

丸山 徹(まるやま とおる)

この記事に関するご感想をお聞かせください!

このページのトップへ

kokoka news * * こくさいうりゅういかん ニュース

kokoka防災訓練2017

大地震など、大きな災害が起きたとき、あなたはどうしますか?どのように行動したらよいのか、消防署による訓練や、ワークショップを通じて、考えてみませんか?

  • <内容>
    ・「起震車」による大地震の揺れの体験
    ・緊急救命訓練
    ・初期消火訓練
    ・サバイバルフード(非常食)の試食
    ・災害が起きたときのためのワークショップ
    など
  • 日時:6月17日(土)11:00~15:00
  • 場所:kokoka京都市国際交流会館 イベントホール
  • 申込:ホームページ
    http://www.kcif.or.jp/HP/jigyo/saigai/jp/kunren/index.html

お茶会にご招待!

kokokaでは、茶道を基礎から学べる講座「はじめてのお茶」を開講しています。この講座で学んでいる人たちがお茶会をひらき、外国人の皆さんを無料招待します。お抹茶とお菓子をいただきながら日本文化を体験しませんか?

  • 日程:6月27日(火)
  • 時間:一席目14:00~、二席目15:00~ *要予約、各席先着10名
  • 場所:kokoka京都市国際交流会館  和風別館
  • 申込:075-752-3511

この記事に関するご感想をお聞かせください!

このページのトップへ

京都市国際交流会館 図書・資料室 としょレター

オススメの一冊

『すぐに使える 接客日本語会話 大特訓 [英語版] 決まり文句 700』

すぐに使える 接客日本語会話 大特訓

水谷信子 監修・著
J リサーチ出版、2016

例えば、アルバイトをしている留学生のみなさん。接客するときの日本語、うまく使えていますか。“かしこまりました。” “いかがなさいますか。” “大変失礼いたしました。”などなど、この本を読めば、すぐに使える接客用語がたくさん身につくはずです。

みなさん、さっそくkokokaの図書室で日本語の接客用語を大特訓しましょう!

『SHODO』

毛筆で字を書いてみませんか。『SHODO』(佐藤昌三 著、TUTTLE、2014)は書道の入門書として最適な一冊です。

筆を動かすときのなんとも言えないえない緊張感が書道の魅力です。あと墨の香りもすごくいいですよ。京都で書道体験ができる場所はたくさんあります。興味ある方、一度体験してみてくださいね。(※本は英文のみです)

library

この記事に関するご感想をお聞かせください!

このページのトップへ

今号を作ったボランティアのみなさん

編集メンバー

生田 稔 / 伊東 志麻 / 大薮 俊一 / 金谷 千菜美 / 黒澤 智 / 鈴木 翔一朗 / 鈴木 秀利 / 藤田 リサ / 古田 富好 / 丸山 徹 / 湯澤 公朗 / Karl JANSMA

WEB版作成

金谷 千菜美

このページのトップへ