果物狩り

タイ国旗

ピシャヤ(タイ)


みかんの園

みかんの園

私はタイ出身で、現在同志社大学の学生です。私は日本語と日本文化を学びたかったので、日本で修士を取ろうと決めました。私が日本に来てほぼ一年が経とうとしています。京都を訪れる多くの人は観光地や歴史的な場所に行こうとしますが、私は食べることが大好きなので、日本料理や京料理が私にとって一番興味のあることです。いいレストランに行ったりおいしい料理を食べられる機会があればまず逃さないでしょう。私は日本人の食べ方や料理の仕方が日本の文化を特有なものにしていると思います。残念ながら、日本にきてから数ヵ月後、私は生活費のため、アルバイトを始めなくてはなりませんでした。週末は一日中仕事をして、平日はずっと勉強です。そのため、ほとんど出かけて遊びにいく時間がありません。けれども去年の秋、私の兄弟が短い休暇に遊びにくるというので、私も2週間ほど秋の休暇をとることができました。

かきの園

かきの園

京都の秋といえば、たくさんの人は紅葉を思い浮かべるかもしれません。けれど、私の心を本当に捉えていたことのひとつは京都の紅葉の名所にいくことではなくて、果物狩りに行くことでした。果物狩りは日本に住んでいれば誰でも経験できます。京都には観光客が新鮮な農作物を採ったり食べたりできる果樹園や農園がいくつかあります。季節によって収穫できる果物と野菜は違っていて、この日はみかんと柿を狩りました。

私の兄弟と私は京都の南、井手町にある「みどり農園」という農園を訪れました。平日に訪れたので、たくさんの人はいませんでした。農園は山に囲まれ、私たちは美しい景色と穏やかな雰囲気を体験できました。私は兄弟と一緒に行ったので、みかんとかきの園柿狩りにバーベキューパーティーのついたプランを選びました。みかんと柿を摘む場所は山の上の斜面にあったので、私たちはちょっとしたハイキングをしなければなりませんでした。でこぼこの道でしたが、私たちは採取場所への山道の新鮮な空気や緑に魅了されました。到着後、私たち一人一人に余ったみかんや柿の皮を入れるための小さいプラスチックの袋を農園側からもらいました。果物を摘む場所ではみかんと柿は食べ放題で、いくらか残りの果物も持って帰ることができました。果物でおなかいっぱいになった後、私たちはバーベキューの場所におりていきました。そしてバーベキューの場所に行ってみるとすでにおいしそうな肉と野菜が用意されていました。

ピシャヤさんと兄弟

ピシャヤさんと兄弟

とても楽しい一日を過ごせました。短い休みでしたが、自由な時間を京都で過ごすことができ、一ヶ月分の休みをとれた感じでした。今では京都は遊びにでかけたり食べたりする場所としてだけではなく、私にとってくつろいだり、再び元気を取り戻す場所でもあります。もし時間があれば、まだ京都でたくさん行ってみたい場所やしたいことがあります。きっと次に訪れる場所でもおいしい食べ物がたくさんあったり、また別の興味深い日本文化を発見できることでしょう。

和訳:坂本 明美(さかもと あけみ)

この記事に関するご感想をお聞かせください!

このページのトップへ

蹴上インクライン

インクライン

インクライン

京都市東山に遺跡のあるインクラインは、琵琶湖岸の大津と京都市の蹴上との間で物資や人を輸送する系統の一部である傾斜鉄道でした。物資や人は舟に積み、琵琶湖疏水(1890年に完成した長さ8,444mの運河)を航行しました。琵琶湖と京都市の間には、東山が座っていますので、全長3,930mに及ぶ4つのトンネルを掘りました。海抜は、琵琶湖面で85m、インクライン頂上の蹴上で81mなので、差は4mです。舟の物資や乗客は、琵琶湖からインクラインの頂上まで、運河を下りました。しかし、蹴上の下の船溜りまで下るのにはまだ36mの落差があったので、傾斜鉄道が必要でした。荷物を積んだ舟は、台車(ケーブルカー)に舟ごと乗換えて、インクラインで船溜りまで下りて、水上に戻りました。

インクライン

インクラインのイメージ図 

米国コロラド州のアスペン歴史協会ホームページの動画によると、1888年に日本のエンジニアとアシスタントがアスペンにやってきて、インクラインと水力発電所を勉強しました。その設計に基づき、京都の蹴上発電所は1891年に完成しました。蹴上発電所は今も運転しています。運河につきましては、京都はオランダから技術を学びました。これらプロジェクトを成功に導く過程で17名の尊い犠牲を払いました。 物流としては1902年がピーク(貨物用舟数:14,647、旅客用舟数:21,025)でした。しかし、自動車や鉄道といった陸上輸送の発達により、インクラインは1951年に運転を止め、今ではその遺跡がkokokaのそばに残っています。

この「蹴上インクライン」プロジェクトについてもっと学びたい人には、kokokaの近くにある琵琶湖疏水記念館を訪ねてみてはいかがですか?インクラインの遺跡と水力発電所もそのすぐ近くにあります。東山地域で桜が美しく咲くこの季節は、見どころ一杯になります。琵琶湖疏水記念館の付近ではライトアップが開催され、「十石船」に乗って運河をめぐることができます。桜ライトアップは3月26日(木)〜4月12日(日)まで、「十石船めぐり」は3月26日(木)〜5月6日(水)までです。歴史と自然の彩りを一度に体感できます。ぜひ乗ってみてください。

「十石船めぐり」ホームページ:http://kyoto-tabi.or.jp/jikkokufune.html

古田 富好(ふるた とみよし)、イラスド水江 加奈子(みずえ かなこ)

この記事に関するご感想をお聞かせください!

このページのトップへ

引っ越しと食事のマナー

ここでは知っておくとよい日本の習慣、マナーを紹介します。

◎引っ越し

お辞儀

春になると引っ越しをする人も多いと思います。その時には、転居先の近所の人たちへ、挨拶をすると近隣の方とよい関係が築けます。挨拶の品を持って近所の家に伺い、簡単に自己紹介をするのです。これは、住民の方に自分を知ってもらうとともに、地域に馴染むきっかけにもなる重要なことです。まず、引っ越し挨拶が必要な範囲は、一軒家であれば両隣のお宅と向かいの三軒、アパートであれば両隣と上下の部屋です。住民の方々はどんな人が引っ越してきたのだろう?と気にしているはずなので、引っ越し当日か翌日には挨拶を済ますとよいでしょう。また、挨拶の品ですが、これは簡単なもので構いません。一般的に予算は一軒または一部屋あたり500円〜1000円が目安とされています。クッキーやタオル、洗剤などが典型的な品のようです。

◎食事

食事

多くの外国では食事の際、お皿を持たずに食べるのがマナーです。しかし、和食では器を持って食べる場合もあります。持ってよいものの例としては、丼(カツ丼*、親子丼**、天丼***など)、お椀、お茶碗、小鉢、お醤油の小皿などが挙げられます。直径15cmを目安として、それ以下ならば持ちながら食べても構いません。和食で食べづらい時には、器を持って食事を楽しみましょう。また、日本には食前に「いただきます。」、食後に「ごちそうさまでした。」と手を合わせながら言う習慣があります。キリスト教の食前のお祈りや、フランス語の「ボナペティ!」に似ていますが意味は違います。まず、「いただきます。」は食材として使われている動物や野菜の命に感謝するための挨拶です。動物や野菜が、その命を食材として人間に与えてくれていることに感謝する気持ちを表しています。「ごちそうさまでした。」は、食事を準備してくれた人に対する感謝の言葉です。食事を準備してくれた人の労力に感謝するための挨拶なのです。

  * カツ丼 ・・・ トンカツをご飯の上にのせた食べもの
 ** 親子丼 ・・・ 鶏肉と卵をご飯の上にのせた食べもの
*** 天丼 ・・・ 天ぷらをご飯の上にのせた食べもの

坪井 萌子(つぼい もえこ)

この記事に関するご感想をお聞かせください!

このページのトップへ

「ぶぶづけ、どうどす?」 京都人の家を訪問する

お茶漬け

お茶漬け

落語の『ぶぶづけ*』話はよく知られています。

どんな話かというと京都の知人の家を訪ねたある客はその家に長居をしてしまったのです。しかしその家の妻は「ぶぶづけ、どうどす**」と食事をすすめました。お茶漬けは食事としては粗末なもので、本当に客をもてなすのであれば料理屋の料理をだすのが普通です。

ですからこれには別の意味がありました。突然来た客が長々といるので、本当は帰ってほしいのです。しかし直接、そのことを言うのは失礼とされていたので「ぶぶづけ(お茶漬け)どうどす」と遠まわしに客の帰宅を促したのです。

おひつ

おひつ

そういわれた客は「そろそろ帰ります。」というのが京都の古い礼儀作法だったのです。ところがそのことを知らない客は「京都のぶぶづけを食べてみたかった。」といったのです。妻は驚きました。ぶぶづけの用意などしているはずもなかったのです。そこでこの話の結末はこうでした。妻は空のおひつ(ご飯を入れる器)を客に見せましたと...。なんとも京都らしい話です。

この話をした時ある外国人が「わたしは逆の経験がある。」といいました。彼女は知人に「家に遊びに来てください。」とさそわれましたが、日本では一度は断るのが礼儀作法だと思っていたので断りました。でもその後さそわれることはありませんでした。多くの外国人は日本の家庭を訪問したいと願っています。それなのに外国人の彼女が日本の礼儀作法を少し知っていたことがかえって、少ないチャンスを逃す結果になったのです。ところであなたも日本の家庭を訪問したいと思いませんか。京都市国際交流会館では2時間程度日本人の家庭を訪問するという短期滞在者向けプログラムを設けています。そこでもし京都の家庭を訪問する機会があれば、帰る時に「ぶぶづけはいりません。」とジョークをいえば相手もより親しみを感じるでしょう。

それでは日本の家庭を訪問するチャンスにめぐまれることと、そこでの素敵な経験ができることを心より願っています。

 * ぶぶづけ ・・・ 「お茶漬け」のこと
** どうどす ・・・ 京言葉で「どうですか」と、ものごとをすすめる言い方

八木 輝夫(やぎ てるお)

この記事に関するご感想をお聞かせください!

このページのトップへ

幸運の御朱印を求めて

御朱印

御朱印

最近、地元の新聞に「京都の16神社の御朱印」というイベント広告が載っていました。

皆さんは神社を訪れる際、神社の事務所で御朱印、“赤い印”、をいただくことができます。元々、御朱印は、その神社への奉納の印として、祈りを書き留めたノートに押されるものでした。今では、祈りを書き留めたノートが無くても、神社への参拝記念の品として、御朱印をいただくことができます。白い和紙、墨、赤い印の組み合わせと対比がとても美しく見えます。さらに、それぞれの神社の独特なデザインの印が、精巧で優雅な雰囲気をかもし出しています。神社を訪れた人々は、御朱印をお守りとして自宅に大切に保管すると言われています。これら16の神社で、皆さんが手に入れることができるかもしれない幸運の一覧表です。

粟田神社:安全で楽しい旅立ちの祝福市比賣神社:女性のための厄払い
新熊野神社:健康なお腹の状態維持今宮神社:健康長寿・縁結び
上御霊神社:心と精神の平穏吉祥院天満宮:受験合格
熊野神社:縁結び・安産若王子神社:学業成就・商売繁盛
御香宮:安産・病気回復春日神社:交通安全・病気回復
豊国神社:出世・縁結び長岡天満宮:学業成就
岡崎神社:子授け藤森神社:勝運
六孫王神社:出世・家内安全わら天神宮:子授け・安産
岡崎神社

岡崎神社

これらの神社は市内各所に点在していますので、幸運を授かるために、これらの神社を巡礼することは、京都を散策することにもきっと役立つことでしょう。幸運の御朱印で笑顔になれるよう、天気のよい日に出かけてみてはいかがでしょうか?詳しくは、http://www.kyoto-16sha.jp/ まで。

西村 誠(にしむら まこと)

この記事に関するご感想をお聞かせください!

このページのトップへ

やすらい祭

やすらい祭

京都の洛北の地、今宮神社の周辺を紫野の地といいます。平安京の大内裏に接し、船岡山の東北に当たり、朝廷の禁野*として狩猟・遊覧の野原とされていました。

古(いにしえ)より、この紫野の地には、疫神**が祀られ、その疫神を詣で災疫を鎮め、安寧を祈願することが、習わしであったと、言われています。平安時代の後期になると、京都に疫病や災害がたびたび広がり、京都の人々を悩ませました。これらを鎮めるために、御霊会***が各地で行われ、この紫野の地でも疫神を鎮める「紫野御霊会」が営まれました。この時新たに神殿が設けられたことにより、紫野の社は「今宮」と呼ばれることとなりました。

「やすらい祭り」とは、「花鎮めの祭り」で、「やすらい祭り」の中心には花笠があり、およそ2mの大笠に、桜・椿・山吹などが飾られます。「やすらい花や」の掛け声にあわせ赤毛・黒毛の鬼たちが鉦(かね)や太鼓を打ちながら、疫神を花笠へと追い立てます。春の花の飛び交う中、花とともに飛散した疫神を花笠へと誘い、行列は今宮神社へとむかいます。そして花笠に宿した疫神をしずめ、無病息災を祈願するのです。

歴史的に由緒ある祭りで、鞍馬の「火祭り」、太秦の「牛祭(現在は中止)」とともに「京の三奇祭」の1つとされています。

この祭りは京の春の先駆けの祭りでもあります。この日が晴れだと京の祭りのすべてが晴れと言われます。

やすらい祭りは、4月の第2日曜日(2015年は12日)12時に光念寺(今宮神社から北へ100mくらいにあります)を出発して、町内をまわり3時ごろ今宮神社に到着します。

*   禁野(しめの) ・・・ 皇室が所有し、一般の人が立ち入れない土地
**  疫神(えきしん) ・・・ 伝染病を広める神
*** 御霊会(ごりょうえ) ・・・ 疫神や怨霊を鎮めるための祭り

生田 稔(いくた みのる)

この記事に関するご感想をお聞かせください!

このページのトップへ

LIK レシピ : だし巻き卵

だし巻き卵

だし巻き卵

4月、5月は「行楽シーズン」と呼ばれます。気温も暖かくなり、お花見やピクニックにぴったりの季節です。そこでよく登場するのが「行楽弁当」。行楽地に持って行き、いつもとは違う景色を楽しみながら食べるお弁当のことです。この時期になると、百貨店やスーパー、コンビニでもいろいろな種類の行楽弁当を手に入れることができます。ですがせっかくなので、自分でお弁当を作って行楽地にお出かけするのも楽しいですよね。そこで今回は、家で作れる行楽弁当の代表的なおかずのひとつとして、だし巻き卵(2〜3人分)の簡単なレシピを紹介したいと思います。まず用意するものは卵3個、白だし(スーパーで売っています。)15cc、水60cc、サラダ油大さじ1〜2杯の4種類です。そして、卵焼き器(四角いフライパン)、菜箸、フライ返しを用意します。

材料と卵焼き器

材料と卵焼き器

手順は、①卵を割り、白だしと水も加え、菜箸でよく混ぜます。②卵焼き器にサラダ油を入れ、中火くらいで熱します。③卵焼き器が温まったら卵液を少し流し入れ、半熟になったらフライ返しか菜箸で巻いていきます。④巻き終わったら卵焼き器の空いた部分に薄く油を引きます。こうすると、卵が卵焼き器にくっつきにくくなります。再び卵液を入れて巻いた卵につながるようにします。⑤新しく入れた卵液が半熟になったら、巻いた卵のほうから再び巻いていきます。卵焼き器の向きを変えると巻きやすくなります。⑥この手順を卵液がなくなるまで繰り返します。⑦乾いたまな板の上に置き、2センチくらいずつの幅に切り分けたら完成です!失敗しないコツは、卵の表面(つまり卵焼き器に接していない面)が固まる前(半熟の状態のとき)に巻き始めることです。また、まな板にのせて少し冷ましてからの方が簡単にきれいに切ることができます。

皆さんもぜひ、行楽弁当を手作りして、春のピクニックに出かけてみてください!

西村 優子(にしむら ゆうこ)

この記事に関するご感想をお聞かせください!

このページのトップへ

kokoka news * * こくさいうりゅういかん ニュース

外国人歓迎会

来日して間もない外国人のみなさんのために、京都での生活に必要な情報を得るためのセミナーと友達づくりのためのパーティーを開催します。セミナーは日本語・英語・中国語で実施。参加無料です!(パーティのみの参加の場合、500円必要)

QRコード
  • ◆日時:2015年4月26日(日)
     午後2時~5時30分(パーティは午後4時30分〜)
  • ◆場所:kokoka 京都市国際交流会館3F
  • ◆対象:外国人(パーティーは日本人も参加可能です。)
  • ◆申込:kokokaのHPから申し込んでください。
    http://www.kcif.or.jp/HP/jigyo/student/jp/kangeikai/kangeikai.html
kokoka
花

あなたのイベント、レストラン、語学教室などをkokokaで宣伝してみませんか!
 1Fのメッセージコーナーで有料ボックスを借りて、チラシやDMを置けば、kokokaに来られる多くのお客様に周知できます!情報誌“Life in Kyoto”の中にも、広告掲載が可能です。詳しくは、kokoka京都市国際交流会館・情報サービス係までお問い合わせください。

TEL:075-752-3511 メール:office@kcif.or.jp

このページのトップへ

京都市国際交流会館 図書・資料室 としょレター

オススメの一冊

The Challenging Daily Life (外国人の日本生活奮闘記)』

The Challenging Daily Life

著者:国際ナノアーキテクトニクス研究拠点
文化工房、 2011

日本に来たばかりの人は、日本での生活に慣れるまで不安なことがたくさんあるでしょう。そんなあなたには、この本を紹介します。

部屋を借りるときや仕事を始めるときの注意点、ICカードについての説明や梅雨の時期の過ごし方などが解説されています。よくある状況がマンガで描かれているので、楽しく読めるはずです。新生活に役立つ情報がたくさん書いてありますよ。

そして、もし何か困ったことがあったら、いつでもkokokaに来て相談してくださいね。

日本のことがもっと知りたくなったなら

日本のことがもっと知りたくなったなら、この本をおすすめします。『日本文化ビジュアル事典』(近藤珠實・監修 池田書店、2008)では生活様式や食文化、カラオケなどの現代文化、月ごとの行事や祭礼も英語で紹介されています。四月と五月には、花見や端午の節句がありますので、参加してみてください!

library

この記事に関するご感想をお聞かせください!

このページのトップへ

今号を作ったボランティアのみなさん

編集メンバー

生田 稔 / 王 暁琴 / 大原 学 / 岡本 裕子 / 金谷 千菜美 / 亀田 千明 / 熊谷 卓也 / 坂本 明美 / 塩山 皐月 / 鈴木 翔一朗 / 鈴木 秀利 / 坪井 萌子 / 中川 理美 / 西村 誠 / 西村 優子 / 萩原 康江 / 藤田 リサ / 古田 富好 / 松永 裕子 / 水江 加奈子 / 八木 輝男 / 山下 元代 / 湯澤 公朗 / Karl JANSMA / Yoshinori TAKEDA / Juan VACA

WEB版作成

鈴木 秀利

このページのトップへ