避難所宿泊訓練

楊 瑞麗(ヨウ ズイレイ)
中国出身

私は中国の南京から日本に来て、京都で1年間過ごしました。その間、京都市国際交流会館の主催した幾つかの活動に参加しました。楽しく活動している中でいろいろなことを勉強しました。特に、ボランティアとして参加した2010年度(9月25・26日)の避難所宿泊訓練は、私にとってとてもいい体験でした。

この活動は訓練であるにもかかわらず、皆さんは真剣にやっていました。ボランティアは管理チーム、情報処理チームと翻訳チームに分かれ、私は翻訳チームで作業をしました。日中翻訳チームに参加した6人のうち、日本人が3人もいて、びっくりしました。この3人はいずれも上海に行ったことがあって、中国語を話すことも書くことも上手でした。こんなに多くの日本人が中国語を流暢に話すことができるとは思いませんでした。

翻訳作業中の楊さん

翻訳作業中の楊さん

私たち日中翻訳チームは地震地域から送られたいろんな情報を選別してから 中国語に翻訳し、それをコンピューターに入力して、チラシを作成しました。それから、チラシを持って避難所を巡回し、訓練に参加している仮想避難民を訪問し、彼らの質問に答え、安心してもらうという活動をしました。答えられない質問には専門家の意見を伺い、対応することを心がけました。あくまで訓練なのですが、細かいことにまでスタッフやボランティアの皆さんは真剣に精いっぱい作業をしていて、とても感心させられました。中国では「細節决定成敗」(些細なことが成否を決める)という言い方があるように、細かいところまで心掛ければ、何事もうまくいくだろうと思います。

日本では火山が多くて、たくさんの美しい湖に恵まれています。しかし地震も多いため、日本人は昔から防災知識をいろいろと身につけています。ところが、世界のほかの国から来た人々は、地震を体験したことのない人が多いようです。NPO多文化共生マネージャー全国協議会の資料によると、阪神大地震や新潟中越などの大地震の時には、日本語のできない外国人の死傷者が多かったそうです。そのため、京都市国際交流協会は近年、地震が起きた時にどのように対処するかの知識を外国人に伝えています。このような防災訓練を通じて、自らの平和な生活を望んでいるだけではなく、世界中の人々に援助の手を差し伸べ、幸せな生活を助けようという日本人のやさしい心を見たような気がします。

私は京都に滞在した1年間、きれいな空気を吸い、美しい花が咲く静かな東大路通を通って、平和な毎日を楽しんでいました。私は幸せな人だと思います。これからは世界中の人々がこのような生活ができるように、微力ながらお役に立ちたいと思っています。

この記事に関するご感想をお聞かせください!

このページのトップへ

日本のクリスマス

12月に入りクリスマスの飾り付けが街に見られるようになりました。 クリスマスイブにはクリスマスケーキがよく売れ、子供達はサンタクロースからの贈り物を楽しみに眠りに就きます。若い人達はいつもより改まったデートを計画します。

日本にはそんなに多くのキリスト教徒がいるのでしょうか。なんと、日本のキリスト教徒は人口の1%くらいだそうです。

それではなぜ日本でこのようにクリスマスを広く祝うのでしょうか。実は、祝うと言っても礼拝はせず、雰囲気を味わうだけです。そして、多くの日本人はクリスマスを年中行事(正月、花見、七夕等)の一つと捉えているようです。見かけだけ異教徒の真似をして、何の違和感も持たない日本人を外国人は不思議に思うことでしょう。

どうして日本人はクリスマスを年中行事と捉えることができるのでしょうか。日本についての研究者であった故山本七平氏は「日本で生まれ育った日本人は日本教徒である。日本教とは、自身がその教徒であることを自覚しないほど、完全に浸透しきった強固な宗教である」と述べています。普段ほとんどの日本人は意識せずとも日本特有の行動様式に従っています。仏式の葬儀の時はたとえ自身が仏教徒でなくても仏教徒のふりをして参列します。それが伝統的なやり方であり、和を尊ぶ日本人の心に由来するのでしょう。同じように正月には神道の信者のふりをして神社に詣でます。宗教に節操(*1)がないのではありません。自身が無自覚に持っている日本教に変わりは無く、その場の状況に合わせているだけです。このように日本人は本来は宗教行事であることにも年中行事として参加しています。ですからクリスマスの時にキリスト教の祭りを真似るくらいは何でもないことでしょう。

今年もジングルベルが街に鳴り響きます。その後、年末・正月と日本の伝統行事 が続きます。これらを経験すればあなたの日本に対する理解も少しずつ深まってゆくことでしょう。

*1 節操(せっそう):信念を守って変えないこと

- 小松 武久

この記事に関するご感想をお聞かせください!

このページのトップへ

大晦日になぜ「そば」を食べるか?

今日まで日本人は年末にそばを食べる習慣があります。年越しそばには「歳取りそば」「大年(おおどし)そば」「大晦日(おおつごもり)そば」の別名があります。その起源は明らかではないですが、色々な説があります。

1 運そば説:
 鎌倉時代に、年を越せない町人に「世直しそば」と称して、博多のお寺で「そば餅」を振る舞った。するとその翌年から町人たちに運が向いてきたので、以来大晦日に「運そば」を食べる習慣となった説。

2 三稜(みかど 三角)縁起説:
 室町時代に、関東三長者の一人であった増渕民部が、毎年大晦日に無事息災を祝って「世の中にめでたいものはそばの種、花咲きみのりみかど1治まる」と詠い、家族で一緒にそばがきを食べたという説。

3 「細長い」形状説:
 そば切りは細く長く伸びることから、家運を伸ばし、寿命を延ばし、家の財産を長続きさせたいという 縁起を担いだ。「寿命そば」(新潟・佐渡)「伸びそば」(福井・越前)

4 「切れやすい」形状説:
 そばは切れやすい。そこから一年の苦労や厄災をきれいさっぱり切り捨てようと、食べる説。「縁切りそば」「歳切りそば」

1 みかど:ソバの実のには三稜角(3つの稜)がある。帝と三角(3つの角)という2つの意味が込められている。また、古くから三角形は邪気を払う力を持つとされる。

- 生田 稔

この記事に関するご感想をお聞かせください!

このページのトップへ

おせち料理

おせち・皿

大晦日(12月31日)に、年明け(1月1日)までに用意されるお祝いの料理をおせち料理といいます。何品もの料理を重箱と呼ばれる3段になった箱につめます。新年を祝うおせち料理には、たくさんの願いが込められています。例えば、ごまめ(イワシの稚魚)には豊作、数の子(かずのこ)には子孫繁栄、黒豆(くろまめ)には、まめに働ける健康など。めでたさを重ねる重箱のなかには、長寿、出世、福運など、昔からの願いは変かわらないようですね。

私が、おせち料理のなかで一番好きなのは、栗きんとんです。サツマイモをゆで、砂糖を加えあんを作ります。それに栗を入れてできあがりです。栗は、金の塊を意味し、財宝に恵まれるようにとの願いが込められているそうです。また、昔、武士が戦場の食料として栗をもっていったことから、勝運も込められているようです。実家では、栗きんとんが好きなのは私だけで、皆が寝静まってから、作ったものでした。えびが好きとか、伊達巻がいいとか、こんぶ巻きがおいしいとか、家族の好みはまちまちです。最後に残るのは、ニンジンの煮物やイモ類でした。

おせち・重箱

祖母の代から大晦日の朝は、正月の食材が台所のテーブルいっぱいに置いてあって、祖母が一日かけて、何種類もの料理を作っていました。そして、母も退職してから、同じことをしています。でき上がった料理を重箱に盛りつけしていました。不老長寿祈願でもしてるんでしょうか。一般的には壱の重には、祝い肴や紅白蒲鉾、きんとんなど、弐の重には、酢の物や焼き物、煮物など、参の重には、季節の野菜の煮物を、彩りよく詰めるそうです。

三代目の私はというと、大晦日は仕事とかカウントダウンコンサートに出かけることが多く、年明けになってから栗きんとんや出し巻き卵を作っています。私は、パスタやパンを食べることが多く、日本の伝統料理に触れることが少ないです。今回は、かまぼこを切る以外に、だしを使ったおせち料理に挑戦します。

- 山下 元代

この記事に関するご感想をお聞かせください!

このページのトップへ

初詣(はつもうで)- 今年はどちらへ詣でますか -

大晦日の夜、時計の針が夜中の12時を指した後、どの様に新年を過ごされますか?

日本では、大晦日の深夜に各地域のお寺から除夜の鐘が鳴り、その音を聞き終えた後、家族で、友人たちで、また恋人たちで神社へ初詣に行きます。

一般的に初詣はお正月の三箇日(*1) に行きますが、どこの神社へ初詣に行くかは人それぞれで異なります。毎年同じ神社へ行く人もいれば、その年に特別な願い事がある人は神社に祭られている神様で決める人もいます。

あなたも、どの神社の神様が何の願い事をかなえて下さるかを調べて、初詣に出かけてみませんか。そして、新しい年がその願い事が叶う、すばらしい年でありますように!

上賀茂神社 : あらゆる災いを除く神様 -- 市バス 上賀茂神社前下車
北野天満宮 : 学問の神様 -- 市バス 北野天満宮下車
伏見稲荷大社: 商売の神様 -- JR 稲荷駅下車
地主神社  : 縁結びの神様 -- 市バス 五条坂下車

*1 三箇日:正月(1月)の元日(1日)、2日、3日の3日間のこと

- 関野 雅子

この記事に関するご感想をお聞かせください!

To the top of this page.

こたつ:冬を暖かく過ごすために

京都の冬は寒い!エアコンだと、なかなか部屋が暖まらない!そんな時には、こたつに入って暖かく過ごしましょう。

こたつ

こたつ

こたつは日本の多くの家庭にみられる暖房器具です。写真のように、机の上にふとんがかかっています。机の裏側にある熱源で、脚を温めることができます。私たちはこたつに入りながら、テレビを見たり、本を読んだり、ご飯を食べたりします。一度こたつに入ると、その温かさから、なかなか外に出たくなくなります。家族や友達とこたつを囲んで、体も心も温かく、京都の冬を楽しく過ごしませんか。

- 奥村 純子


この記事に関するご感想をお聞かせください!

To the top of this page.

茶道体験記

この間、私は王君と一緒に「EN」という茶室を訪ねに行って、初めて日本の茶道を体験しました。知恩院正門の横にある細道を通って、この小さい町家が見える。そこが「EN」である。この茶室は主に外国人観光客向けである。亭主のあきこさんは優しく歓迎のあいさつをしてくれてから、四畳半の茶室まで私たちを案内した。彼女に室内にある掛軸と茶花について説明してもらった。それらには必ず季節のことを感じさせるように配慮しなければならないそうだ。最初は質朴だなと思っていたが、あきこさんの説明を聞いたら、やっとわかるようになった。つまり、煩雑な外の世界をさえぎったこのような茶室では、もともとの簡潔さを基調にした方が、かえって我々の心に強く響くのだろう。

茶碗、茶筅、なつめ、茶杓

左から:茶碗、茶筅、なつめの上に茶杓

たたみの上に座りながら、あきこさんがお茶を点てるのを見ていた。茶杓や、なつめや茶碗などの道具を使う前には、必ず袱紗(ふくさ)で清めなければならない。足のしびれにもかかわらず、私はまた茶道のしとやかなリズムと落ち着いた雰囲気に完全に魅了された。それと、強い印象を受けたのは、あきこさんの茶の湯に対する姿勢で、それぞれの細かいところまで、できるだけ完璧にやり遂げるということだった。

あきこさんの言ったように、茶道の本質は無の状態にある。その一方この茶屋が、異なる言葉や文化、宗教、民族性を背景とする、世界各国から来た人に日本の茶道を体験する機会を与えること自身は、茶道の専門用語「一期一会」という精神のより広い実現ではないかと私は思う。

私は茶道からマナーや、道具のデザインや、「和敬清寂」の哲学などいろんな勉強をした。さらに感銘を受けたのは、あきこさんの言った「人間は一緒」という話である。今でも印象に残っている。

- 郝 石(かく せき)

この記事に関するご感想をお聞かせください!

To the top of this page.

kokoka news * * * こくさいうりゅういかん ニュース

外国人のためのカウンセリングデイ

法律、ビザ、税金、保険や年金などについて、わからないことはありませんか?心の悩みを抱えていませんか?専門家がみなさんの相談に、お応えします。通訳者もいます。事前に予約してください。

日時:12月4日(土)午後1時~5時
場所:京都市国際交流会館 3F 研修室
費用:無料
電話: 075-752-3511

→ 次回のカウンセリングデイは2011年2月20日(日)!

外国人留学生のための就職ガイダンス&ジョブフェア

まだ間に合います!京都市国際交流協会ホームページからお申し込みください。

http://www.kcif.or.jp/jp/jigyo02/syusyoku/2010/jobfair_gakusei/

★2010年12月10日(金)★

外国人のための法律セミナー

国際離婚にまつわる親権、養育費、財産を分けることなど、離婚することになった時に知っておくべきことを学びましょう。 事前にメールまたは電話で予約してください。

日時:2011年1月22日(日)午後2時 ~ 4時
場所:京都市国際交流会館 第1・2 会議室
費用:無料
TEL: 075-752-3511
E-mail : office@kcif.or.jp

「いらなくなったらいる人へ」京都市役所前フリーマーケット

日時:2010年12月5日(日)、2011年1月30日(日)、午前10時~午後4時
場所:河原町御池西北角 京都市役所前広場
主催:NPO プラスワンネットワーク TEL:075-229-7713

この記事に関するご感想をお聞かせください!

このページのトップへ

京都市国際交流会館 図書・資料室 としょレター

オススメの一冊

『英語で教える日本の暮らしとマナーとコツ』

下山布妃都 訳 学研 2008年

英語で教える日本の暮らしとマナーとコツ

日本で暮らしていくときに、こんなときどうするんだろう?戸惑ったことはありませんか。
この本は、日本社会特有の独特なマナーやルールについて、より具体的に読みやすく書かれています。
日本人の性質を知るのに、とてもおもしろい本ではないでしょうか。少しでも知っておくと、変な誤解やトラブルを避けることもできるかもしれません。
日本人ですら、勉強になること間違いなし!
日本語と英語で書かれています。

ほっこりBookカフェ 2011年2月27日(日)

図書・資料室にて、「ほっこりBookカフェ」が開かれます!話し合うテーマはただ今、準備中。ぜひ、参加してみてね。お楽しみに!

他には、こんな本があります…貸し出しはしていません

外国人が日本で生活するための本

日本語学習 、法律ビザ、日本文化、京都観光…いろいろな国の新聞もありますよ。

日本人が外国を知るための本

海外旅行、ロングステイ、留学、ワーキングホリデイ、ボランティア…

京都市国際交流会館 図書・資料室

【オープン】9:30 - 20:30(月曜日と月末最終日閉室)
【TEL】 075-752-1187
【FAX】075-752-3510
【ホームページ】http://www.kcif.or.jp

この記事に関するご感想をお聞かせください!

このページのトップへ

国際交流会館オープンデイ2010

Open Day

2010年11月3日、Life in Kyoto メンバーがこのイベントを案内していました。会場前広場に、万国屋台Eco村が設置され、そこで、多くの世界各国の食べ物が販売されました。円形ステージでは、Furry's act が大道芸ジャグリングパフォーマンスや3脚の椅子を使うスタントを実演しました。交流ロビーでは、ジェンベ(西アフリカの太鼓)やバイオリンの演奏、インド舞踊などが見られました。

- 渡邉 岳

この記事に関するご感想をお聞かせください!

このページのトップへ

告知板

お役立ちガイド・京都市国際交流協会で配布しています

■多言語情報誌: 「京都市生活ガイド」「地震緊急時行動マニュアル」
京都市国際交流会館で制作、在住外国人の方へ無料で配布しています

■京都生活地図 Guide to Kyoto (400円) : 主要な公共機関、学校などのインデックス付き

お役立ちリンク

■京都便利情報: http://www.kcif.or.jp/jp/benri/

■情報交換の掲示板: http://www.kcif.or.jp/msb/

Life in Kyoto は無料の生活情報誌です

日本在住外国人の皆様に役立つような京都の生活・文化・イベント等の情報をお届けしています。質問やご意見をお待まちしています。ロビーのメールBOXかoffice@kcif.or.jp までご投稿ください。

掲載されているイベント等などの日時や内容は、予告なく変更される場合もあります。連絡先が掲載されているものは直接連絡して確認してください

■発行:(財)京都市国際交流協会 http://www.kcif.or.jp
TEL: 075-752-3511 Fax: 075-752-3510 e-mail: office@kcif.or.jp
〒606-8536 京都市左京区粟田口鳥居町2-1
地下鉄東西線 T09 蹴上駅より徒歩6分
開館時間: 09:00-21:00
休館日:月曜日(月曜日が祝日の時は翌日休館)

■ボランティア募集中
取材・執筆・翻訳・校正など、Life In Kyoto に参加してみたい方はオフィスまで。
Life In Kyotoでは多国籍のメンバーが多数活躍しています。

■発行月
偶数月(2月・4月・6月・8月・10月・12月)
■Webサイト上に、日本語・英語・中国語・スペイン語のバックナンバーを用意しています。
http://www.kcif.or.jp/en/newsletter/lik/

■メンバー
生田 稔 / 王 永成 / 奥村 純子 / 郝 石 / 小松 武久 / 鈴木 秀利 / 蒋 妍 / 関野 雅子 / 萩原 康江 / ボスラ・アンジュム / 湊 雅之 / 山下 元代 / リリー・ダニエル / 渡邊 岳

この記事に関するご感想をお聞かせください!

このページのトップへ