淡い紅色の京都

王 永成さん
中国出身

気のせいか、四月になると鼻を利かせて何かを嗅ぐことが少なくない、空気の中でほのかな薫りが漂っているのではないかと。中国で春休みを過ごして日本に帰ってきたらちょうど桜満開の時節だった。毎日自転車で学校へ行くには、必ず鴨川に架かっている荒神橋という橋を渡る。そのあたりにソメイヨシノの木が植っている。花の房が枝先に集まって、爽やかな風にそよぐたびに、ちらちらと自分の花びらを散らしだした。ピンクを帯びた花びらがひるがえりながら、青空を軽く舞って静かに落ちた。あのピンクは真っ白と言えるくらい淡いピンクだった。あの風景は桜吹雪のように華やかではなかったが、見ていると、新年度の始まりの慌しさをほぐしてくれたような気分になった。おそらく桜色が目に映ると同時に鼻も桜の花を求めようとしたのだろう。

ある授業で先生はこの和歌を紹介した。

桜花 咲かば散りなむと 思ふより かねても風の いとはしきかな ※

cherry trees

悪戯っぽい風はいとわしいどころか、いとおしいと僕は時おり思う、やはり生き生きとした桜の花は風の動きに乗って離れたその瞬間に、最も美しい旅をたどり始めるから。

家から五分くらいの距離だから、時々散歩がてら御所に寄る。観光客はもちろん、散策の人の姿もよく見る。あくまでも都心の公園のようなところだ。この間たまたま春の一般公開に間に合って、やっと御所のゆかりを窺うことができた。

印象に残ったのは「諸大夫の間」(参内者の待合室)だった。最近はずっと桜に注目していたので、三つの諸大夫の間のうち、特に「桜の間」に惹きつけられた。襖には桜の絵が描かれている。桜の命の短さがそこでは永遠に延長されている。もし自分がそこにいるとしたら、どうなるかなとつくづく思いを巡らした。畳の敷いてある部屋に座って、外の邪魔を一切除いて、お茶をすすったりお菓子を味わったり、桜の襖絵をぼんやり眺めるというような禅的な生活場面を、憧れるともなく憧れた。ただ憧れだけのことだ。とはいえ、京都にいる限り、そういう思いが浮かび上がるわけだ。

※ 永源法師 「後拾遺集」81番目(1086年にでき上がった和歌集の一つ)

この記事に関するご感想をお聞かせください!

このページのトップへ

ゴミの分類方法,知っていますか?

日本はゴミの分類とリサイクルをしっかり実施している循環型社会として世界的にも有名です。外国人の私にとって、ゴミの分類は非常に難しくて、最初はなかなか覚えられません。私は、自分の経験に基づいて、次の表を作りました。この表を見ると、ゴミの分類方法を簡単に覚えられると思います。

家庭ゴミ 包装容器以外のプラスチック類 カン・びん・ペットボトル プラスチック容器包装
ゴミの種類 生ゴミ類、紙類、ガラス類など



家庭ゴミ
おもちゃ、バケツ、CD、ビデオのケース、ボールペン、歯ブラシ 飲料缶・食品缶、飲料・食品びん、しょうゆ用ペットボトル


缶・びん・ペットボトル
プラマークの付いている容器。サラダ油、マヨネーズ、洗剤の容器、発砲スチロール
プラスチック容器包装
こんな袋を使うよ 家庭ゴミ用袋 家庭ゴミ用袋 資源ゴミ用袋 資源ゴミ用袋

よく間違いやすいのは、「容器包装以外のプラスチック類」です。つまり、プラスチック製であり、容器や包装ではないものです。必ずプラというマークがついているかどうかを確認してから、出して下さい。

pla mark

中国では、ベッドや家具などの粗大ゴミを出す時、お金を貰えることが多いです。日本では、粗大ゴミの回収は逆に有料です。粗大ごみを出す際に、京都市大型ゴミ回収センター(0120-100-530)または民間回収業者まで連絡してください。

皆さん、ゴミ分類のルールをきちんと守って、皆の力で綺麗な京都を守りましょう。

- 郝 石

この記事に関するご感想をお聞かせください!

このページのトップへ

銅駝区民盆踊り大会

日本の夏の年中行事の一つに「お盆」という行事があります。地方により7月だったり8月だったりしますが、大体は8月で、最も重要とされるのが15日です。

お盆には、先祖たちがそれぞれの家に戻ってきて、暫らく滞在します。16日に先祖たちが迷子にならずに冥界(※)へ戻れるように、この世の家族たちが灯りをともして送り出します。これが「送り火」で、京都の「五山の送り火」は全国的に有名です。

またこの時期、町の公園やお寺などで盆踊りが催されます。

丸太町通りの鴨川べりにある銅駝美術工芸高校は、川べりに位置するため大文字の山がよく眺められます。毎年8月15、16日には校庭で「銅駝区民盆踊り」が開かれますが、16日は、大文字の送り火を見て盆踊りを楽しもうとする多くの人たちで賑わいます。

誰でも参加できます。京都の夏を楽しむコースの一つとして、お薦めします。

アクセス:市バス 河原町丸太町下車

※ 冥界:死んだ後の世界。

- 関野 雅子

この記事に関するご感想をお聞かせください!

このページのトップへ

交通モンスターを飼い慣らせ

初めて京都を訪れて最初にすることと言えば、観光プランを立てることでしょう。日本の中でこれほど多くの文化的、歴史的な名所を楽しめる場所は他にはありません。しかし、自分の足に自信があるとしても、交通手段を利用するほうが便利です。

外国人である私は、私の住む小さな宇治から京都へ向かう電車に初めて乗ったとき、こんなに簡単なことはないと思っていました。まず驚いたのは、私の寮の近くに駅が二つあり、どちらの駅にも京都行きの緑の列車が停まることを知った時でした。私は最初、一つの路線に二つの違ったホームがあるのだろうなと考えました。しかし驚いたことに、それぞれのホームから電車に乗ってみると、京都のそれぞれ別の場所へ行ってしまいました。

駅の改札にて

駅の改札にて

最初に知っておくべきことは、京都には二つ以上の鉄道会社があること、そして並行している二つの路線が突然別々の方向へ別れることがよくあるということです。そして、この迷路全体に地下鉄も加える必要があります。地下鉄は鉄道会社やバスと駅を共有していることが多く、これがまたややこしいのです。以前私は、公共の交通機関にはたいてい英語が使われるけれど、(スペースが足りないと)漢字しか使われていない時もあることを知りました。私が見かけたじゃまものたちにおびえながらも、私はこの情報モンスターを飼い慣らそうと決意しました。私の作戦は、名付けて「ベイビーステップ(baby steps)」でした。私は、自分のノートに書いてある漢字とボードに書いてある文字を見比べながら、乗り換えについて丁寧に調べました。また、日常よく使う漢字の本を買って自分の知識を広げました。そうすることで、停(stop)や線(line) といった漢字が身近になりました。しばらくすると、私は自由に旅行できるようになりました。京都の交通はとてもありがたく、正しい路線を選ぶことで市内のどこへでも行けるのだとわかりました。そして、もし混乱してしまって助けが必要な時は、道ばたで誰かにたずねてみましょう。地元の人たちはいつでもすぐに助けてくれますよ。

- チャプスキ・ミハウ
- 翻訳:奥村 純子

この記事に関するご感想をお聞かせください!

このページのトップへ

食中毒

食中毒の原因はいろいろありますが、梅雨のこの時期に多いのは細菌です。カンピロバクター、サルモネラ菌等とはあまりお近付きならないようにしましょう。そのためには次の三点がおすすめです。

(1)生の魚介類や肉は直ぐに食べるか、加熱(75℃、1分間でほぼ死滅)して食べる。
(2)調理器具(包丁、まな板等)は洗浄後よく乾燥させる。
(3)冷蔵庫を過信しない(-15℃で菌の増殖は停止するが死滅はしない)

エタノールは70%位だと殺菌効果がありますが、私の好きなビール、日本酒程度では殺菌効果はあまり期待できません。残念!!

毒は植物や動物も持っています。なぜ毒がこの世にあるのでしょうか。生物が生き延びるためには身の安全が重要です。植物は動物に食べられないよう、小動物は大きな敵から襲われないよう、さまざまな工夫をしています。毒を持つことはその工夫の一つのようです。ふぐはその猛毒(テトロドトキシン)で神経に作用し、呼吸筋を麻痺させます。そして、多くの食通をあの世に送り届けます。しかしカブト虫がふぐ毒に苦しむことはありません。なぜなら生物毒の多くは自身より進化の進んだものには効きますが、進化の遅れたものには効かないからです。即ち、毒は進化の後れたものに与えられた武器とも考えられます。現在では、ふぐ毒に中っても人工呼吸器で管理できれば命を落とすことはあまりありません。でも、くれぐれも御用心を。

小話を一つ。
二匹の蛇が散歩しています。一方が他方に尋ねました。
「僕たちは毒蛇なのかなあ?」
「そうだよ」
「本当に毒蛇なの?」
「もちろんさ。僕たちは地上最強の毒蛇なんだよ。なんでそんなこと聞くの?」
「うん、さっき舌を噛んだんだ」

- 小松 武久

この記事に関するご感想をお聞かせください!

このページのトップへ

最近、お寺の前で見かける立て札

「法然上人 八百回 大遠忌法要」
「 親鸞聖人 七百五十回 大遠忌法要」

この二つの立て札は、日本の歴史に多大な功績を残された高僧の、ご逝去後の年数を懐かしむ、来年3月末に催される記念行事の案内である。お二人は中国の高僧、善導大師の教えを書物で学んだ。そして、やさしい仏教入門を確立された。もちろん、現在も役立つ指標として注目され続けている。私は、しばしば西本願寺、知恩院、黒谷金戒光明寺を訪れる。そして、 若い時に知りたかった知識を吸収する。現在、休日に訪れるとよく関連行事に出会える。

日本語を理解できなくても、 心を沈静化させる雰囲気を体験しやすいだろう。かつて、お寺は日本の文化交流の場であり、知識を伝授・発信した。文化の蓄積を、お寺を通して覗いてみよう。慌しい生活の中で、疲れた心を静め「これまで」を見つめ、「これから」の開けた展開を想い浮かべやすい。

来年には間に合う。詳しく知りたい人には、kokoka(こくさい こうりゅう かいかん)図書室の、わかりやすい本が効果的(こうかてき) である。百年に一人の天才!?小池龍之介著「沈黙入門」「もう怒らない」をお薦めする。興味を持てば、僧侶は親切な相談相手である。念のため、立て札は、浄土宗(法然上人)、浄土真宗(親鸞聖人)のお寺で見られる。

- 湊 雅之

この記事に関するご感想をお聞かせください!

このページのトップへ

kokoka news * * * こくさいうりゅういかん ニュース

京都留学生情報サイトがリニューアル!

京都の魅力を発見できる優待プログラムや、生活に役立つ情報などが、たくさんあります。“kokoka 留学生ねっと”では、地域であなたの力を活かせる機会を紹介しています。留学生の皆さんは必見です!

http://www.kcif.or.jp/ryusite/index.html

京都市国際交流協会 ボランティア追加オリエンテーション

誰もが住みやすい地域「京都」を一緒につくりませんか?
京都市国際交流協会でやっているボランティア活動の紹介をします。

日時:7月25日(日)午後2時〜3時30分
場所:京都市国際交流会館 3F研修室

世界のバリアフリー絵本展

言葉の壁を乗り越えた多言語絵本や、言葉に関係なく楽しめる絵本、点字絵本、手話絵本、布絵本など、約100点を紹介します。

日時:7月21日(水)〜25日(日)午前11時〜午後5時30分
場所:京都市国際交流会館 2F姉妹都市コーナー・展示室

「いらなくなったらいる人へ」京都市役所前フリーマーケット

日時:6月13日(日)7月11日(日) 午前10時~午後4時
場所:河原町御池西北角 京都市役所前広場
主催:NPO プラスワンネットワーク TEL:075-229-7713

この記事に関するご感想をお聞かせください!

このページのトップへ

京都市国際交流会館 図書・資料室 としょレター

オススメの一冊

「英語で読む坂本龍馬 上・下」

英語で読む坂本龍馬

ロミュラス・ヒリズボロウ著
正木恵美訳
ジャパンタイムズ

話題の龍馬!みんなが話している龍馬って、一体誰?
坂本龍馬は、幕末に活躍した人物です。今年はNHK大河ドラマの主人公にもなり、特に大きく取り上げられているので、注目されているんですね。この本は、龍馬のストーリーが簡潔に、英語と日本語の二ヶ国語で書かれていて、読みやすいです。英語のCDも付いていますよ。ぜひ、読んでみてください!

図書・資料室 最新情報

4月から新しい本が入りました。『ZEN YOGA』『MICHELIN Kyoto Osaka 2010』『lonely planet Hiking in Japan』などなど。図書カウンター前においてあります。貸し出しはしていません。

他には、こんな本があります

外国人が日本で生活するための本

日本語学習 、法律ビザ、日本文化、京都観光…いろいろな国の新聞もありますよ。

日本人が外国を知るための本

海外旅行、ロングステイ、留学、ワーキングホリデイ、ボランティア…

【オープン】9:30〜20:30 (月曜日&月末最終日閉室)
【TEL】075-752-1187
【FAX】075-752-3510
【HP】http://www.kcif.or.jp

この記事に関するご感想をお聞かせください!

このページのトップへ

COSMOS

自主活動グループによる日本・外国文化紹介
クラブに参加して友達の輪を広げませんか。予約は必要ありません。

日程 講座名 内容 時間 費用
第1・3土曜 Indian Yoga 初心者向けやさしいヨガ 10:00 - 12:00 300円/回
Weave the Heart 布ぞうりの作成 12:30 - 14:30 300円/回
みんなの太極拳 太極拳の入門クラス 15:00 - 17:00 300円/回
第2・4土曜 書を楽しむ会 漢字と万葉がなの書道クラス 10:00 - 12:00 300円/回
ナマステ インディア インドの文化紹介 12:30 - 14:30 300円/回
笑笑(らふらふ)クラブ 英語落語クラス 15:00 - 17:00 無料(コピー代実費)

笑笑(らふらふ)クラブの5人 英語落語を披露

4月29日の午後、中京区の誓願寺で「京都案内倶楽部」の企画による英語落語の口演が行なわれました。笑笑(らふらふ)クラブのメンバー5人がそれぞれの噺を演じ、引き込まれた客席から笑い声が湧き起こりました。日本の伝統的な話芸「落語」についての説明が初めにあったので初心者にも分かりやすかったようです。終わりには観客も高座に上がり落語の手ほどきを受けていました。これをきっかけに落語ファンが増えることが期待されます。

Please tell us your impression about this article!

To the top of this page.

告知板

お役立ちガイド・京都市国際交流協会で配布しています

■多言語情報誌: 「京都市生活ガイド」「地震緊急時行動マニュアル」
京都市国際交流会館で制作、在住外国人の方へ無料で配布しています

■京都生活地図 Guide to Kyoto (400円) : 主要な公共機関、学校などのインデックス付き

お役立ちリンク

■京都便利情報: http://www.kcif.or.jp/jp/benri/

■情報交換の掲示板: http://www.kcif.or.jp/msb/

Life in Kyoto は無料の生活情報誌です

日本在住外国人の皆様に役立つような京都の生活・文化・イベント等の情報をお届けしています。質問やご意見をお待まちしています。ロビーのメールBOXかoffice@kcif.or.jp までご投稿ください。

掲載されているイベント等などの日時や内容は、予告なく変更される場合もあります。連絡先が掲載されているものは直接連絡して確認してください

■発行:(財)京都市国際交流協会http://www.kcif.or.jp
TEL: 075-752-3511 Fax: 075-752-3510 e-mail: office@kcif.or.jp
〒606-8536 京都市左京区粟田口鳥居町2-1
地下鉄東西線 T09 蹴上駅より徒歩6分
開館時間: 09:00-21:00
休館日:月曜日(月曜日が祝日の時は翌日休館)

■ボランティア募集中
取材・ 執筆・翻訳・校正など、Life In Kyoto に参加してみたい方はオフィスまで。
Life In Kyotoでは多国籍のメンバーが多数活躍しています。

■発行月
偶数月( 二月・四月・六月・八月・十月・十二月)
■Webサイト上に、日本語・英語・中国語・スペイン語のバックナンバーを用意しています。
http://www.kcif.or.jp/en/newsletter/lik/

■メンバー
生田 稔 / 伊藤 英俊 / 王 永成 / 奥村 純子 / 郝 石 / 川本 恵理 / 小松 武久 / 鈴木 秀利 / 蒋 妍 / 関野 雅子 / チャプスキ・ミハウ / 萩原 康江 / 松山 智子 /湊 雅之 / 山下 元代 / 渡邊 岳

この記事に関するご感想をお聞かせください!

このページのトップへ