アツアツな京都

鄭 恵文さん 台湾出身

私が、日本に留学してから、もう8ヵ月たちました。来たばかりのときは、ちょうど春だったので、桜の花が満開になっていました。そんな京都の町の美しさが目に焼きついて、いまだに心の中に残っていて、忘れられません。その時、私は日本の中でも、この京都に住めるようになって、本当によかったと思いました。

鄭 恵文

鄭 恵文さん

しかし、夏になると、気温が上がっていき、京都が好きだという気持ちもだんだん消えてしまいました。毎日オーブンの中で焼かれているかのようにあつくて、あつくて、苦しくてたまりません。私は、もっと暑い所から来たのですが、京都の暑さは全く予想外でしたので、本当にびっくりしました。正直にいうと、そのときは、北海道を選んだらよかったかな、といつも思っていました。

でも、11月に入って、最近、夏の暑さが急に消えてしまって、涼しくなった気がします。私は京都の山科区に住んでいます。毎日学校に行くとき、必ず山を登らなければなりません。いつも自転車をこぎながら、京都の山や町などを観察します。例えば、春になるとお花見に来る大勢の観光客で賑やかな京都や、夏になると暑さで1分たりとも外にいたくないと感じさせた蒸し暑い京都、また、秋になるといつも緑に満ちた山々もいろいろな色に染められて、まるで絵のような京都などがあります。本当に見るだけでもたのしいと思いました。

そして、ある日、いつもの通りに自転車をこぎながら辺りを見ていたわたしは、急にある事を考え付きました。「そうだ。こんなはっきりと分かれている京都の四季こそ京都の美しさなんだ。」という考えが頭に浮んだのです。今年、日本に来たばかりの私は、ここに来る前、ずっと一年中春みたいな国に住んでいました。 だから、そもそも夏の暑さに慣れているはずの私でも京都の暑さにびっくりびっくりしてしまいました。そして秋には京都の美しさに感動させられていました。なるほど、いいことを見つけましたね。やっぱり京都にきて、よかったですね。

これから、そろそろ冬になりますね。冬になると、京都はまたどんな風景になりますか。いま自転車をこいでいる私は、それを探しています。

(2009年11月執筆)

この記事に関するご感想をお聞かせください!

このページのトップへ

京都における下宿さがしの心得

四季折々の変化に富み、多くの神社仏閣、伝統工芸、年中行事などが日常と共に息づく古都京都。この地で勉学に励むことができるのは、幸せでありましょう。そこでまず取り掛かるのが下宿捜しです。

留学生の下宿捜しは、大学の留学生課や国際センターが支援してくれます。また京都市国際交流会館(kokoka)や京都府国際センターでは、家探しに関する情報を教えてくれます。

次に物件を探すことになります。この際に注意することは、日本の不動産業界だけかもしれませんが厄介なシステムがあることです。

 (1)家賃
 (2)共益費、又は管理費
 (3)敷金
 (4)礼金
 (5)手数料

(1)の家賃以外に、(2)は各世帯ごとの電気・ガス・水道の費用とは別に、共用スペースである玄関の照明や廊下の掃除などの維持のためにかかる費用で、月々の家賃と共に支払います。(3)は保証金の性格を持ち、契約時に家主に担保として預けておくものです。(4)は家主にお礼という名目で支払われます。(5)は不動産業者を仲介にした場合、一般的には家賃の1か月分を仲介手数料として支払うことになります。以上の費用を契約時に現金で支払うのが一般的です。

部屋の種類としては (1)寮・大学等が運営する会館 (2)アパート (3)下宿・貸し間 (4)マンションがあります。アパートは木造の集合住宅で、玄関は共用で内部を独立した部屋に仕切ったものです。トイレ・洗濯場所などを共同で使用する場合もあります。下宿・貸し間は、部屋だけを借りる形態で、玄関その他の設備は家主と共用です。

契約時には保証人が必要となります。また契約の途中で部屋を解約したい時は、通常引っ越しの1ヶ月前までに家主に通知します。契約期間は京都では1年または2年が一般的です。継続を希望する場合は、賃貸契約を更新しなければなりません。更新料がかかるかどうかを確認しましょう。

- 生田 稔・関野 雅子

物件検索サイト
House Navi: http://house.kcif.or.jp/index.php

この記事に関するご感想をお聞かせください!

このページのトップへ

ひな祭り

日本には子供の成長を願うお祭りがあります。3月3日は女の子の健やかな成長を願い、雛人形を飾りお祝いをするひな祭りの日です。5月5日にも子供の日があり、主に男の子のお祭りとして五月人形や鯉のぼりを飾りお祝いしますが、元々ひな祭りも子供の日も男女に関係なく行われていました。しかし江戸時代頃(1600年頃)から豪華な雛人形は女の子に、勇ましい顔立ちの五月人形は男の子に、それぞれふさわしいと考えられ、分けられていきました。

関東式のおひな様とお内裏様

関東式のおひな様とお内裏様

さてもうすぐ迎えるひな祭りですが、どのようにお祝いされるのでしょうか。 一般的には、ちらし寿司やハマグリ*1の吸い物などが食べられます。 また、ここ京都では白酒*2というお酒も飲まれます。このお酒は普段見かけませんが、ひな祭りが近くなると酒屋だけでなく、スーパーなどでもよく見かけるようになります。私の母が子供の頃は飾りの一つである食器の飾りの中に実際にちらし寿司や白酒を入れて飾り、お祝いしたそうです。

ところで京都ではお内裏様とお雛様の並びが、関東地方とは逆なのを知っていますか?

元は全国的に京都と同じ、天皇と皇后の並び方にならって、向かって右がお内裏様、左がお雛様*3でした。ところが昭和天皇の即位式(1926年)の際、西洋のしきたりにならい、天皇が左、皇后が右に位置しました。これを参考に東京の雛人形業界で左右を決めたそうです。

一見、全国的に同じように見えるひな祭りですが、地方それぞれで違った慣わしを知ると、歴史の奥深さが感じられます。

*1 …ハマグリ:貝の種類
*2…白酒:ひな祭りの時にお祝いとして出される酒
*3…お内裏様とお雛様:天皇・皇后の姿をかたどって作った男女一対の人形

- 川本 恵里

この記事に関するご感想をお聞かせください!

このページのトップへ

草食系男子

ぼくは居酒屋でも、お酒を飲むよりもデザートを食べることを好む。友人は時々「君って草食系男子なのかい?」と尋ねてくる。

『草食系男子』とは何なのか?これは日本の流行語のひとつだ。一般的に、彼らは優しく、柔和で、家庭的だ。彼らはお金を稼ぐよりも、芸術、コンピュータ、料理によく関心を示す。一方で、彼らは感じやすく、繊細で、消極的なように見える。特に恋愛において。『草食系男子』は友情関係を壊したくないので、女性に告白することをよくためらってしまう。

一見すると、『草食系男子』は傷つきやすいように見えるかもしれない。しかし、彼らは必ずしも弱い男性とは限らない。ボランティア活動を通して、人々を助けたり支援したりすることが好きな人もいる。仕事において必ず同僚やお客との約束を守る人もいる。自分の夢や目標を実現するために努力し続ける人もいる。たいてい、彼らは家族、仲間、そして社会との協調性を大切にしているのだ。

「『草食系男子』は弱い」。この見方は短絡的すぎる。さまざまな視点から彼らを見つめ、今日の男性の多様性を認めることが重要ではないだろうか?

- 三小田 真裕

この記事に関するご感想をお聞かせください!

このページのトップへ

日本料理の本質

ご自身の本に「日本料理:やさしいコツ」と表題された辻静雄氏には半信半疑でした。辻先生は「日本料理にはただ二つの大事な要素がある」と言われます。即ち昆布と鰹の削り節からとられた、やや繊細な出汁と醤油です。

ジェームス ミシェル

けれども異文化の料理を試みた人なら誰でも、十六種もの食材を使った調理法に出くわします。そのうちの七種しか馴染みがないのに。果敢な人が未知の食材を書き留めて買い物に出掛けても、結局二年後に再び使われる事のなかったオイターソースのビンを食器棚に見出す事になるでしょう。調理法と腕前のどちらかを選べるのであれば、私は奇妙な食材に左右されずにすむ腕前を好みます。日本料理には次の物が必要です。昆布、鰹節、醤油、みりん、酒、米酢、短粒米*1。これらの食材と普段店で買うものを合わせれば無数の日本食を作ることが出来ます。

簡単なものの一つ、照り焼きのたれから始めましょう。鍋に等量の酒、みりん、醤油を混ぜ合わせます。沸騰するまで加熱し、好みの量の砂糖を加えます。 網焼きした、あるいはフライパンで炒めた野菜、肉、豆腐等にこのたれをかけます。

照り焼きのたれは時間をかけて作るほど味が濃厚になります。濃厚にしたいなら、おたま一杯の熱いたれをお椀に入れ、澱粉か小麦粉を混ぜて溶かし、その後、フライパンに返します。いくつかの調理法には照り焼きのたれの食材としては、めずらしい食材がのっているかもしれません。でも、ためらいがあるならそういう水を注す*2ような食材から始めなくても良いのです。にんじん、ブロッコリー、玉ねぎ、鶏肉など、あなたが知っている食材から始めましょう。これらの食材は単純な照り焼きのたれと混ぜて、ホカホカのふんわりしたご飯にのせるか添えられることにより完璧な日本食となる事を保障します。

*1 短粒米:日本米に代表される粘りのある米
*2 水を注す:うまくいっているのに、邪魔をして不調にする

- ジェームズ ミシェル
- 翻訳:小松 武久

この記事に関するご感想をお聞かせください!

このページのトップへ

行事

KYOTO留学生ふれあい住宅フェア

住宅フェア

住宅フェア

日時:2010年2月6日(土) 13:00 ~ 16:30
場所:京都市国際交流会館(kokoka)

KYOTO留学生ふれあい住宅フェアでは、安すくて良質な賃貸物件の紹介をします。留学生、日本人学生、家主、学校関係者のみなさんの親睦を深めることを目的に開催しています。ぜひお越しください!

URL: http://www.kcif.or.jp/jp/jigyo02/jyutaku/2009/01/

「いらなくなったらいる人へ」京都市役所前フリーマーケット

日時:2月14日(日)、3月7日(日) 午前10時~午後4時
場所:河原町御池西北角 京都市役所前広場
主催:NPO プラスワンネットワーク TEL:075-229-7713

京都市国際交流協会 2010年度ボランティアオリエンテーションのご案内

2010年2月11日(木・祝)、3月7日(日) 午後2時~4時30分

URL: http://www.kcif.or.jp/jp/jigyo/volunteer/toroku/orientation.htm

この記事に関するご感想をお聞かせください!

このページのトップへ

京都市国際交流会館 図書・資料室 としょレター

こんな本があります

日本人が外国を知るための本 (海外旅行、ロングステイ、留学、ワーキングホリデイ、ボランティア)

外国人が日本で生活するために役立つ本 (世界各国の新聞・雑誌、日本文化、京都観光、日本語学習)

※貸しだしはしていません。自由に閲覧していただけます。ビデオ、DVDもみられます。

本の紹介

亜洲週刊・私についてくる猫ちゃん

今回は図書室によく来ている湊 雅之さんと長尾美知代さんにオススメ雑誌と本を紹介してもらいました。資料室で読めますよ!

「亜洲週刊 Yazhou Zhoukan The International Chinese Newsweekly 」

香港エコノミスト誌、濃い系! 世界のエコノミスト誌を集積したのではないか と思われる精査分析。“かたぶつ”であるも辛口でない。
 重質感ある、誠実な論評と見解は、“悪縁をバサリ、良縁に近づく”に働き善知識による誘導 を意識させる。
 日本の出来事に関する記事も掲載!五感を備えた、天啓を仰ぐ姿勢に、事象をとらえたコメントは参考になる。
 人間行動学における「処方せん」と常に温故知新にフィードバックさせる「羅針盤」の意見を伝えてくる。

- 湊 雅之(みなと まさゆき)

「わたしについてくる、猫ちゃん」(韓国 絵本)

私が物心ついた頃から、自宅には、一匹の猫が いました。ありふれた、メスの白黒のブチ猫で したが、私にとっては、家で飼っているペット というより、家族の一員であるという感覚が自然に身についていたようです。
 この韓国の絵本は、引っ込み思案の女の子のと ころに、ある日、一匹の三毛猫が訪れ、その猫 は、女の子の後をついていくだけでなく、女の 子の動作を真似るようになり、まるで、猫娘(?)のごとく、猫と一緒に外の世界へ飛び出 します。
 私は、韓国語はわからないのですが、この本に 登場する猫がどこにでもいる三毛猫であること になんとなく共感を覚えます。私も幼い頃、猫 と暮らしていたので、足音を立てないところなど、猫の性質がうつったのでは(?)と時々感 じます。でも、あの運動神経、自由奔放なとこ ろはうらやましい限りです。決してまねはできません。

- 長尾 美知代(ながお みちよ)

この記事に関するご感想をお聞かせください!

このページのトップへ

告知板

お役立ちガイド・京都市国際交流協会で配布しています

■多言語情報誌:「京都市生活ガイド」「地震緊急時行動マニュアル」
 京都市国際交流会館で制作、在住外国人の方へ無料で配布しています

■京都生活地図 Guide to Kyoto (400円) : 主要な公共機関、学校などのインデックス付き

お役立ちリンク

■京都便利情報: http://www.kcif.or.jp/jp/benri/

■情報交換の掲示板: http://www.kcif.or.jp/msb/

■多言語医療情報(メディカルハンドブック):
 http://www.kcif.or.jp/jp/benri/kenko/medical-hb/

Life in Kyoto は無料の生活情報誌です

日本在住外国人の皆様に役立つような京都の生活・文化・イベント等の情報をお届けしています。質問やご意見をお待ちしています。ロビーのメールBOXか office@kcif.or.jp までご投稿ください。

■Webサイト上に、日本語・英語・中国語・スペイン語のバックナンバーを用意しています。
 http://www.kcif.or.jp/en/newsletter/lik

掲載されているイベント等などの日時や内容は、予告なく変更される場合もあります。連絡先が掲載されているものは直接連絡して確認してください

■発行 (財)京都市国際交流協会(http://www.kcif.or.jp/jp
TEL: 075-752-3511 Fax: 075-752-3510 e-mail: office@kcif.or.jp
〒606-8536 京都市左京区粟田口鳥居町2-1
地下鉄東西線 T09 蹴上駅より徒歩6分開館時間: 9:00-21:00
休館日:月曜日(月曜日が祝日の時は翌日休館)

ボランティア募集中

取材・執筆・校正など、Life In Kyoto に参加してみたい方はオフィスまで。Life In Kyoto では多国籍のメンバーが多数活躍しています。

メンバー

生田稔 / 賀逢申 / 川本恵理 / 小松武久/ 嶋田絵美 / 関野雅子 / 鄭恵文 / 藤井達三 / 古田雄樹 / HOVIS ROBBY / VERGARA JOSE / MICHEL JAMES / 松山智子 / 山下元代 / 渡邊岳

この記事に関するご感想をお聞かせください!

このページのトップへ