京都の空

去年の十月、私は初めて京都に来ました。ずっと前から持っていた私の京都のイメージは、歴史の雰囲気が溢れている古い町というものでした。しかし、実際京都に来て、自分の目で見てみたら、思っていなかった京都のさまざまな面も感じられました。

京都は古都であり、国際的な町でもあります。四条や三条通りを散歩しながら、観光客も含む色々な国の方に出会えます。また、たくさんの店には英語や中国語、韓国語などのメニューも用意されています。夜になりますと、鴨川沿いのバンドライブでも、よく外国の方を見ます。京都は東京のような大都会にも絶対負けないほど国際的な町であると私は信じています。

京都市では景観政策が実施されているので、自然の風景も歴史の建築も全部昔のままで残されています。建物の高さが制限されているお陰で、山もお寺も全部目に入り、空まできれいに広く見えます。

賀 逢申

私は京都の空が気に入りました。山、川、お寺と京都のとても澄んでいる空が互いに引き立っています。空を背景とした風景が一番大好きで、私はいつも部屋のベランダから夕焼けを眺めたり、星を見たりします。京都で初めて自分の目で北斗七星を見ました。雨の日、私の気分も降っている雨水のように落ち込むので、あまり雨の日が好きではないです。しかし、それでも私は京都の空がもっと好きになりました。なぜなら、昼間に雨がやんだとたん、日差しが雲の隙間から射し出す瞬間の空が、信じられないほど素晴らしいからです。

いつもの帰り道で朝の鴨川と紫色の空を見て、溜まっている疲れも取れたような気分で、すごく感動しました。

私は京都が好きです。私の町が好きです。京都の空も大好きです。今年の9月に帰国しますので、寂しいです。でも、いつかまた京都にくると思います。また、京都の空を見てみたいです。

- 賀 逢申



この記事に関するご感想をお聞かせください!

このページのトップへ

文化情報 - 留学生の皆さん注目!「留学生おこしやすPASS」

留学生おこしやすPASS

日本の文化の発祥の地は京都であるといっても過言ではないでしょう。京都に住む皆さんに、京都の文化・芸術に親しんでいただき、将来それぞれの国と京都を結ぶ、懸け橋となっていただければ幸いです。

そこで京都市では、京都の文化施設が無料で入場できる、留学生おこしやすPASSを発行しています。どんどん利用してください。詳しくは、京都市国際交流協会のホームページ、『留学生情報サイト』からご覧ください。

利用できる期間

2009年8月1日(土)~31日(月)
2009年2月1日(月)~28日(日)

利用できる施設 (8施設)

元離宮二条城・無鄰庵・京都市美術館・京都市動物園・京都市国際マンガミュージアム・万華鏡ミュージアム・京都市青少年科学センター・京都市学校歴史博物館
*但し京都市美術館については、コレクション展にかぎります

留学生情報サイト

http://www.kcif.or.jp/jp/jigyo/ryusite/index.html
京都市国際交流協会のホームページ右側にあるアイコンをクリック!

- 生田 稔

この記事に関するご感想をお聞かせください!

このページのトップへ

生活情報 - 地震が来た! さあどうする

9月1日は防災の日です。1923年9月1日、関東地方に大地震が発生しました。この日を忘れないように、全国で防災訓練が行われます。

地震・緊急時行動マニュアル

地震は周期的に発生します。2000年初頭から2050年にかけては、関東、中部、近畿にかけて地震の発生が予測されています。地震が起きた時はどうすればよいのでしょうか?

まずは町内会の自主防災組織に入りましょう。この自主防災会に入ることにより、町内の人と、顔見知りになることです。これにより、町内での避難場所、消火器の場所等を知っておくことが大切です。自主防災会のことに関しては、隣近所の人や、大家さんに聞いてみてください。そして最低3日分の非常食や飲料水などを準備しましょう。

いざ地震が発生したら火の始末をしたのち、すぐ屋外に出ずに、机の下などに隠れます。とにかく自分の身は自分で守ることです。

京都市国際交流会館で、ポケットサイズの地震・緊急時行動マニュアルをもらうことができます。なお、11月には京都市国際交流会館にて、防災訓練が行われます。是非みなさん参加しましょう!

 日時   2009年11月14日(土)午後4時~2009年11月15日(日)午前9時
 場所   京都市国際交流会館

- 生田 稔

この記事に関するご感想をお聞かせください!

このページのトップへ

五山送り火

京都の夏といえば、やはり祇園祭。しかし、祇園祭と並び、もう一つ全国的にも有名な行事を皆さんは、知っていますか。それは「五山送り火」という宗教的な行事です。まず、割り木で山に字を形どります。そして、夜にその木に火をつけます。

「五山送り火」は、毎年お盆の翌日、8月16日の午後8時から東山如意ヶ嶽の「大文字」を始めに、8時10分に松ヶ崎東山と西山の「妙法」、8時15分に西賀茂船山の「船形」と金閣寺の近く大北山の「左大文字」とつづき、最後に8時20分、嵯峨曼荼羅山の「鳥居形」の五つの文字や形が順番に点火される行事のことです。

では、なぜこの行事があるでしょうか。いろいろな俗説がありますが、今よく言われているのはお盆の間、この世に戻ってきていたご先祖様たちが再び冥土に帰るように、送るということです。

これで、皆さんは「五山送り火」について、だいたいわかりましたでしょうか。それでは、死後の世界にすむご先祖様たちに対する敬意を持ちながら、皆で一緒にこの夏の伝統的な行事に参加しましょう。

- 鄭 恵文

この記事に関するご感想をお聞かせください!

このページのトップへ

北山通り

晴れた日にのんびり過ごしたい場所。私にとって北山通りはそういう場所です。北山通りは他の烏丸通りや河原町通りのような町家風の“京都っぽさ”はないけれど、カフェやケーキ屋さん、雑貨屋さんが立ち並び、見て歩くだけでも楽しめます。私はもともと兵庫県出身なので、どこか神戸のような懐かしさを感じます。周辺には、教会や結婚式場、お洒落なレストランも多く、週末には偶然花嫁さんのドレス姿を見ることができるかもしれません。新婚カップルを見るだけでも少し幸せな気分になるのは、私だけでしょうか?

その北山通りの中でも、特におすすめの場所は“京都府立植物園”です。京都は自然豊かな町ですが、この植物園には本当にたくさんの草花や木があって、すごく勉強になります。桜や梅、竹林、バラ園など季節によって開花時期も異なり、いつ行っても違った雰囲気を楽しめます。私が行ったときはバラが満開で、とても素敵でした!また、植物園には大きな広場もあって、バトミントンなどのちょっとした遊びもできます。お友達や家族と行けばきっと楽しい時間を過ごせるでしょう。園内は草花の開花状況を記した案内マップを持って回ることができるのですが、手書きのマップなので少しレトロな感じがしました。また、いくつかの草花にはバーコードリーダーがついていて、携帯電話で読み取ると草花の詳細を知ることができます。英語表記にも変えられるので、外国人の方にも使っていただけます。最近はいろいろな所にバーコードリーダーがあって、とても便利になったなと思いました。

自然がたくさんの、北山通り。みなさんも勉強や仕事のお休みのときに、北山通りを散策して、ちょっとのんびりとしたひとときを過ごしてみてはいかがでしょうか?

- 池田 加奈

この記事に関するご感想をお聞かせください!

このページのトップへ

生活情報 - 夏のおいしい飲み物

私は、コーヒーが好きで、朝、コーヒーを飲んで、残ったコーヒーをタンブラーに入れて職場に持っていきます。コンピュータの熱風でコーヒーが悪くならないように、氷をたくさん入れます。たまに、梅ジュースなども気分転換に飲みます。汗ばむ季節、いろいろな飲み物がありますが、みなさんは何を選びますか。

私が、ニューヨークに住んでいた頃は、コーヒーが季節を問わず人気でした。中南米から陸路でコーヒー豆が運ばれてくるので、いろいろな種類の豆が袋に入ってマーケーットに安い値段で並んでいました。忙しい朝、カフェでベークルとコーヒーを朝食にして職場へ行く人をよく見かけました。ニューヨークの夏は、日差しが強くジリジリと焼け付くようで、水分補給が必要。アイスコーヒーは$1出せば、食料品店で、プラスチックカップに入れてもらえたので、よく買いました。たまに、ピンクのレモネードも同じようなカップに入れ売っていました。酸っぱいというより、甘くて、疲れたときにおいしかったです。

日本では、夏と言えば、麦茶でしょうか。私は、熱湯に麦茶パックを入れたときの香ばしい香りが大好きです。私は水が嫌いなので、麦茶を飲みます。暑くて体がだるくなれば、ガブガブと飲んで生返ります。自転車で出掛けるときやイベントに出場するときは、ペットボトルに麦茶を入れて、凍らせて持っていきます。麦茶は、薄味でほろ苦くて飲みやすいです。高級茶ではなく、庶民に愛されて来た茶です。

京都は茶の産地でもあるので、いろいろな緑茶が手に入ります。高級でなくても、ていねい語の「お」を付けて、「お茶」。愛着を持って飲まれてきました。今日は、眠いと思えば、濃いお茶のペットボトルを買います。茶道で使われる抹茶も、砂糖を入れて飲んでもいいし、コーヒーに入れても、違った苦さが混ざっておいしいです。

また、梅ジュースも日本のおいしい飲み物です。初夏になると、梅の実がスーパーに並びます。実に穴をあけ、氷砂糖とともにに瓶に入れ、しばらく置いておくと、梅ジュースができあがります。甘酸っぱい香りと味は、春の名残のようで、ときめいた気分になります。ジュースをソーダで割り、果実を入れて飲みます。

場所によって、手に入りやすい飲みみ物も違うし、味も違います。京都にいる間、日本の飲み物を楽しんでください。

- 山下 元代

この記事に関するご感想をお聞かせください!

このページのトップへ

生活情報 - 日本文化を映像で楽しもう

国際交流基金京都支部は、日本文化を英語のナレーション入りで紹介する短編作品を、上映します。作品の数は50本で、9月から11月にかけて上映します。9月の上映スケジュールは以下のとおりです。

2009年日程 作品 (上映時間)
9月1日(火) 日本の花火(35分)  凧(28分)
9月2日(水) 漆のふるさと(30分) 蒔絵(31分)
9月3日(木) 手漉和紙(31分) 包(28分)
9月4日(金) 型染め:江戸小紋と長板中型(30分) 繍いの美(38分)
9月8日(火) 大陸文化の摂取:漢字と仏教の伝来(29分)
南蛮文化:日本と西洋の最初の出会い(29分)
9月9日(水) 仏教美術(27分) 法隆寺(23分)
9月10日(木) 禅とその文化(29分) 永平寺(50分)
9月17日(木) 雪舟(30分) 北斎(30分)
9月18日(金) 文楽への誘い(35分)
文楽・曾根崎心中:天神森の段(28分)

場所・時間・情報

時間: 15:00スタート
場所: 京都市国際交流会館 イベントホール
費用: 無料
主催: 国際交流基金 京都支部
共催: (財)京都市国際交流協会

この記事に関するご感想をお聞かせください!

To the top of this page.

京都市国際交流会館 図書・資料室 としょレター

こんな本があります

日本人が外国をしるための本
(海外旅行、ロングステイ、留学、ワーキングホリデイ、ボランティア)。

外国人が日本で生活するために役立つ本
(世界各国の新聞・雑誌、日本文化、京都観光、日本語学習)。

※貸しだしはしていません。自由に閲覧していただけます。ビデオ、DVDもみられます。

閉室日

8月 3日(月)、10(月)、17(月) 、24(月)、 30(日)、31(月)
9月 7 (月)、14(月)、24(木)、28(月)、30(水)
10月 5(月)、13(火)、19(月)、26(月)、31(土)

本の紹介

今回は金原寿江(きんばらひさえ)さんにオススメ本を紹介してもらいました。図書・資料室で読めますよ!

「ナイフとフォークで冷奴 -外国人には理解できない日本人の流儀-」

清(せい) ルミ 著
太陽出版

日本と世界各国の感覚のちがいが、ユニークに読みやすく書かれています。日本でもそれぞれの家族ごとに、かっての違いがあるくらいですから、環境のことなる他国間では、感じる感覚の違いはなおさらのことですよね。日本人の昔からのアイデンティティーはもちろん大切。だけど、外国の人たちの視線で、もう一度自国を見直しつつ、ことの多様性を味わい、受けいれると、なにげない日常の中で、見過ごしていたことに気づけるかもしれません。

- 金原 寿江

「英語でつくる和食 Recipes of Japanese Cooking」(日英併記)

藤田裕子 著 
ナツメ社

 日本の家庭料理に挑戦してみませんか?!写真付でわかりやすく作り方がのっています。

- 金原 寿江

この記事に関するご感想をお聞かせください!

このページのトップへ

告知板

お役立ちガイド・京都市国際交流協会で配布しています

■多言語情報誌: 「京都市生活ガイド」「メディカルハンドブック」
京都市国際交流会館で制作、在住外国人の方へ無料で配布しています

■京都生活地図 Guide to Kyoto (400円) : 主要な公共機関、学校などのインデックス付!

必要なときのお役立ちリンク

■多言語医療情報: http://www.kcif.or.jp/en/benri/kenko/medical-hb/

■京都便利情報: http://www.kcif.or.jp/en/benri/

■情報交換の掲示板: http://www.kcif.or.jp/msb/

Life in Kyoto は無料の生活情報誌です

Life in Kyoto は、京都の生活に役立つ生活・文化・イベント情報を読者に届けて、在住外国人の生活をサポートする情報誌です。「どこで手に入るの?」や「もっと知りたい」などの質問やお便りをお待ちしています。 京都市国際交流会館の1FロビーのメールBOXか下記メールアドレスにご連絡下さい。

■ LIK のバックナンバーは HP でどうぞ! http://www.kcif.or.jp/en/newsletter/lik/index.htm

ボランティア募集中

Life in Kyoto の編集・翻訳はボランティアが行っています。英語・中国語・スペイン語のメンバーが活躍しています。取材や執筆に協力できる方、多言語への翻訳や校正に協力できる方、興味のある方はオフィスまで。

TEL: 075-752-3511
e-mail: office@kcif.or.jp

イベント カレンダー

http://www.kcif.or.jp/jp/event_calendar/2009/08/

イベント等などの日時や内容は、変更される場合もあります。連絡先が掲載されているものは直接連絡して確認してください。

この記事に関するご感想をお聞かせください!

このページのトップへ