寺町通り

京都には去年の9月末から住んでおり、初めてのアジア旅行になります。私は留学生として日本に滞在し、6ヶ月の間に京都の沢山の場所を訪れることができました。京都というと人々は銀閣寺、金閣寺、清水寺を好きだというでしょう。もちろん桜が満開の時などは、私もすばらしい場所だと思います。しかし、私の大好きな場所といえば、絶対に寺町通りです。

最初に寺町通りへは、日本人の友達と一緒に訪れました。彼女たちは私に四条や買い物をする店を案内したかったようです。入口に到着した時、屋根のついた通りが見えました。私は、知っている他のショッピングストリートとあまりにも違ったため、寺町通りの雰囲気に驚きました。

何度もそこへ行っているけれども、今でも私は寺町通りに感動します。最初の印象が私の心に残って大好きです。そのショッピングストリートの好きなところは、靴屋さんからお土産屋さんなどの違うタイプのお店が揃っており、欲しいものを全て手に入れることができることです。お土産屋さんは、色彩や珍しいお土産屋などが魅力的なので、見ていてとても楽しいです。

デルフェス・フランソワース

デルフェス・フランソワース

寺町通りには何があるのかと人々は聞きますが、私が今までに行ったショッピングストリートとは全く違います。それには沢山の理由があります。1つ目は、寺町通りは他のフランスにあるストリートと比べてとても細いです。ある意味では、ミステリアスな印象を与えますが、同時に活気に満ちて見えます。2つ目に、お店は小さめなので、中に入りたくなります。なぜならショーウィンドーには、お店の中の少しのサンプルしか飾られていないからです。また、通りを歩いているだけで今までの通りとは違います。私が歩いていると、頭上のスピーカーから沢山の「いらっしゃいませ!」が聞こえてきて、フランス語も含むいくつかの言語で歓迎してくれます。挨拶が流れていない時は、音楽がかかっています。私にとって、ショッピングストリートに独自の音楽があることは、初めての体験です。寺町通りの真ん中にはお寺があり、人々はお祈(いの)りできます。お寺は寺町通りと完璧に調和し、また近代性と伝統も完璧に混じり合っています。

私は、ヨーロッパでマドリードやロンドン、パリなどの沢山の場所で買い物をしましたが、私は屋根のあるストリートを、シャンゼリゼやオックスフォードストリートよりも気に入っています。私はフランスに帰るとき、寺町通りやこの通りの雰囲気を見ることができないのをとても寂しく思うでしょう。

- デルフェス・フランソワース
- 翻訳:池田 加奈

この記事に関するご感想をお聞かせください!

このページのトップへ

文化情報 - 祇園祭を見に行こう

山鉾

山鉾
©Shi P'ng Ch'ng

京都の夏のお祭りといえば、祇園祭です。一年を通して街が最も活気に溢れる時です。京都に生まれ育った私は、祇園祭のお囃子を聞くと心が躍り、夏が来たなと感じます。宵山に浴衣を着て出かけ、夜店を見て回るのも楽しみのひとつです。

祇園祭とは、毎年7月の1ヶ月間、四条烏丸周辺にある山鉾町と八坂神社で開催されるお祭りで、日本三大祭のひとつに挙げられます。期間中、最大行事である山鉾巡行と神幸祭(いずれも17日)をはじめ、いろいろな祭事が繰り広げられます。このお祭りは、平安時代前期、京都で疫病が流行した際に災厄が取り除かれるよう天皇が祈ったことが始まりとされ、1500年に町衆の手で復興後、町衆の力によって祭りの伝統は守られ、現在まで500年以上続いています。

祇園祭を見て楽しむには、17日に行われる山鉾巡行とその前夜に行われる宵山がおすすめです。祭りの主役とも言える山鉾は、中国やペルシャ、ベルギーなどからもたらされたタペストリーなどで装飾され、「動く美術館」とも呼ばれるほど豪華です。16日夜の宵山では山鉾の提灯に火が灯され、とても綺麗です。宵山では四条通りが歩行者天国となり、夜店が建ち並び、祇園囃子の音と共に祭りの気分が一層盛り上がります。17日の山鉾巡行では、町衆に曳かれて32基の山鉾が四条通りから河原町通りを通って御池通りを巡行し、大変迫力があります。

京都の活気を感じに、祇園祭を見に行ってはいかがでしょうか。

- 嶋田 絵美

この記事に関するご感想をお聞かせください!

このページのトップへ

京都案内倶楽部 - 南禅寺での出会い

南禅寺

南禅寺
©Takeshi Watanabe

京都市国際交流会館から徒歩10分位で南禅寺勅使門に着きます。この門をくぐることは出来ませんが、その脇の門をくぐると左手に三門が見えます。更に進むと、右手に水路閣があり方丈に至ります。南禅寺は庭園、彫刻、絵画等多くの見どころがあります。何といっても南禅寺は臨済宗の総本山でもあります。

京都案内倶楽部は、京都市国際交流協会のボランティア団体の1つです。今回京都案内倶楽部では京都在住外国人並びに外国人旅行者の方々に対して南禅寺ガイドを企画しています。彼等に日本の仏教、文化、伝統、歴史等を理解してもらえれば幸いです。

6月から、この南禅寺ガイドの企画をスタートすべく準備をしております。南禅寺寺務所と連絡を密にし、先日南禅寺の歴史と役割について講義を受けました。分かり易く、平易な言葉で日本の文化、仏教を理解してもらいたいと思っております。この企画を通じて、外国人との交流を深め、 国際親善の一助になりたいと考えております。詳細に関しては、協会ホームページで発表します。

当倶楽部では、この企画の実施にあたりボランティアを募集しております。年齢、国籍、性別は一切問いません。意欲ある方の参加をお待ちしております。

京都案内倶楽部に興味のある方は、京都市国際交流協会が開催するボランティアオリエンテーションにご参加下さい。

■京都案内倶楽部: http://www.kcif.or.jp/jp/jigyo02/kgc/

■6月実施予定: 場所:南禅寺 三門、方丈入り口
6月13日(土)3:00pm~
6月20日(土)11:00am~
6月28日(日)11:00am~

- 生田 稔

この記事に関するご感想をお聞かせください!

このページのトップへ

生活情報 - 京都の自転車安全のコツ

去年の8月の晴れた日に、はじめて鴨川の川岸を自転車で走ってみました。もう何回も同じ道を歩いていましたが、自転車に乗ってはじめて京都の美しさに囲まれた気がしました。4年間ほど自転車に乗っていない私にとってすごく気持ちよかったです。乗るのが楽しかったし、通学にも便利だったので、自転車は私の日常生活に欠かせなくなりました。

しかし、何週か前に友達が自転車で事故にあって、足を骨折してしまいました。私の運転し方もちょっと危ないんじゃないかと思い始めました。自転車の安全なんか気にしていないから、今まで同じ目にあわなくて運がいいからだけだろうと思いました。確かにいちおう気をつけることは気をつけますが、「今度だけは傘をさして運転してもいいんじゃないか」などと思ってしまうくせもあります。そんな態度ではだめだと思ってもっと自転車のルールに気をつけるようにし始めました。

自転車のルールは自分がケガをしないように守るものであるだけでなく、周りの人も安全にするように作られたルールです

自転車を買うときに、説明書ももらうことがあります。この説明書に、絵のついた説明がありますが、全部日本語で書いてあるかもしれません。分かりやすくするために、以下に大事なルールをあげます。

夜間、ライトまたは反射器材をつけなくてはいけない

傘をさして運転してはいけない

急に進路を変えたり、曲がったりしてはいけない

二人乗りをしてはいけない

お酒を飲んで運転してはいけない

交差点内を通行しようとするときは、一時停止、またはスピードを落として、車と歩行者に注意して運転をすること

携帯電話やイヤホンやヘッドホンを使用しながら運転をしてはいけない

歩行者でこんでいるところは、自転車を押して歩くこと

人にどいてもらう目的で警音器(ベル)を使用してはいけない

『自転車及び歩行者専用』のサインがないところは、道の左側を通行しなくてはいけない

以上は京都府の自転車の安全な利用の促進に関する条例の大事なルールです。つまり迷惑をかけないように、みんなの安全を守るように運転することです。ルールのほとんどは常識ですが、どれに違反しても警察官に注意されたり罰金を科されたりすることがあります。

地図

しかも京都市内には「自転車通行禁止」の道路もあります。その道路には寺町、新京極、四条通が含まれています。地図を参考にしてください。この道にサインがありますが、そのサインに気づかないでパーッと通行してしまうひとがいるようですので、注意してください。

安全に京都に住み続けるように、いつも自転車のルールを守らなければなりません。一回でもルールを無視しては、大変な事故にあう可能性があります。ですから、以上のルールに注意しながら京都を自転車で楽しんでください!

- ジョエル・マルティネズ


この記事に関するご感想をお聞かせください!

このページのトップへ

盆踊り

盆踊り

日本の夏と言えば浴衣、花火、そして盆踊り。

盆踊りとは広場の真ん中にやぐらを立て、やぐらの上で音頭とりが歌い、参加者はその回りを回りながら音頭にあわせて踊るという真夏の夜のジャパニーズダンスパーティー。

もし君に今好きな子がいて、デートになかなか誘えないようなら、その子をこんな風に盆踊りに誘ってみれば、きっと今年の夏は二人にとって忘れられない熱い夏になること間違いなし!

さあ! 勇気を出して言ってみよう!

■イベントのお知らせ: 夕涼み会~江州音頭をおどりましょう~
[日  時] 7月25日(土)6:00pm~7:30pm
[会  場] 京都市国際交流会館前広場
[事業主催] 正調江州音頭保存会
      (財)京都市国際交流協会
[問合せ先] (財)京都市国際交流協会 
      事業課 TEL 075-752-3511

- 伊藤 英俊

この記事に関するご感想をお聞かせください!

このページのトップへ

文化情報 - 着物デーしよう! (京ものしよう!)

京都のことを考えたら、よく伝統的で長い歴史を想像するかもしれない。その想像にふさわしく、京ものと呼ばれる着物デーキャンペーンは休日に限らず、街全体で行われている。だから、外国人がどうやって着物デーに参加できるか、また、着物デーの冊子やウェブサイトを見なければ分からない事などをこれから紹介する。

着物3 着物1 着物2

京都市の着物デーキャンペーン期間は、2月13日から3月31日までだが、着物デーの冊子によると着物姿で特典がもらえるのは3月13日から22日までだ。毎年始まるときと終わるときは変わるかもしれないので、気をつけてください。

最初に、着物デーに参加するには、着物を持たなければならない。一年間に一回しか着ない方には買うよりレンタルをお勧めする。市内の様々なデパートや小さい着物売り場でレンタルできる。しかし、性別によって着物の種類は違うから気をつけてください。どちらも着物、帯、下駄を含むが、男性の場合はもう一つ必要だ。男性は着物の上に、袴もはく。

買ってから、市内でよく配られている着物デーについての冊子を求めてください。着方や髪結いの仕方を知らない方は3月13日から22日まで着付け・髪結いお助け店舗に行くことをお勧めする。この期間、着物が乱れたら同じお助け店舗で直せる。サービスだから、お助けは無料だ。

着物デーのキャンペーン時期中、たくさんの楽しくて入場無料の場所がある。特に博物館、美術館、神社、寺への入場は無料なので、好きなところを冊子から選んで観光しに行ってください。5つの代表の場所は次のとおり (お勧めの順番は特になし):

平安神宮(→東山駅まで)

二条城 - 時により、ライトアップショーがある (→二条城前駅まで)

京都国際マンガミュージアム(→烏丸御池駅まで)

北野天満宮(→白梅町駅まで)

何必館・京都現代美術館(→京阪祇園四条駅まで)

しかも、もし着物を着て冊子の中にあるクーポンを持っていくと、公共交通機関も無料だ。好きな場所を選んで無料で行こう!

京都の伝統文化に参加したかったら、ぜひ来年着物デーの時期に着物を着て昔向きの生活をしてみてください。

- クリストファー・ブレール

この記事に関するご感想をお聞かせください!

このページのトップへ

京都市国際交流会館 図書・資料室 としょレター

本の紹介

今回は岡本領子さんとクリス・バールさんにオススメ本を紹介してもらいました。図書・資料室で読めますよ!

「世界を変えるお金の使い方」

山本良一 責任編集
Think Earth プロジェクト 編集
ダイヤモンド社

日本では100円あれば百均ストアでたいていの物が買える。その背後には安い賃金で働いている発展途上国の人々の存在があると聞く。同じ100円でバングラデッシュのストリートチルドレン20人にコップ1杯の牛乳を提供できるらしい。消費者は「買う」行為で社会や企業に「投票している」意識をもつべきだ。己が払ったお金にその後の行方を想像して買い物をする消費者が日本にはまだ少ない気がする。見開き2ページでまとめられた具体的な提案の一つずつはカラー写真つきで気軽に読める。一方同時に掲載されたコラムの中身は濃く読みごたえあり。

- 岡本 領子

「Kansai Japanese」

Peter Tse 著
Tuttle出版

私は先週スーパーに食べ物を買いに行きました。「おおきに」と店員が言いましたが、分かりませんでしたし、びっくりしました。ピーター・ツェさんが書いた「Kansai Japanese」という本は関西弁の世界を説明しています。学校ではあまり習いません。2100万人の日本人は関西弁を話します。(例:京都、大阪、神戸、奈良)また、この本には多くの文章例と関西の話が載っていて、英語と日本語の両方で書かれています。昔、関西弁のことを神秘的だと思っていました。ぜひ手に取って読んでみてください。

- クリス・バール

この記事に関するご感想をお聞かせください!

このページのトップへ

告知板

お役立ちガイド・京都市国際交流協会で配布しています

■多言語情報誌: 「京都市生活ガイド」「メディカルハンドブック」
京都市国際交流会館で制作、在住外国人の方へ無料で配布しています

■京都生活地図 Guide to Kyoto (400円) : 主要な公共機関、学校などのインデックス付!

必要なときのお役立ちリンク

■多言語医療情報: http://www.kcif.or.jp/en/benri/kenko/medical-hb/

■京都便利情報: http://www.kcif.or.jp/en/benri/

■情報交換の掲示板: http://www.kcif.or.jp/msb/

Life in Kyoto は無料の生活情報誌です

Life in Kyoto は、京都の生活に役立つ生活・文化・イベント情報を読者に届けて、在住外国人の生活をサポートする情報誌です。「どこで手に入るの?」や「もっと知りたい」などの質問やお便りをお待ちしています。 京都市国際交流会館の1FロビーのメールBOXか下記メールアドレスにご連絡下さい。

■ LIK のバックナンバーは HP でどうぞ! http://www.kcif.or.jp/en/newsletter/lik/index.htm

ボランティア募集中

Life in Kyoto の編集・翻訳はボランティアが行っています。英語・中国語・スペイン語のメンバーが活躍しています。取材や執筆に協力できる方、多言語への翻訳や構成に協力できる方、興味のある方はオフィスまで。

TEL: 075-752-3511
e-mail: office@kcif.or.jp

イベント カレンダー

http://www.kcif.or.jp/jp/event_calendar/2009/06/

イベント等などの日時や内容は、変更される場合もあります。連絡先が掲載されているものは直接連絡して確認してください。

この記事に関するご感想をお聞かせください!

このページのトップへ