いつもの場所で「おはようさん」

チャクマジアン・ポーリンさん

チャクマジアン・ポーリンさん

東京出身の私の友人は、霞ヶ関のある省庁で働いています。4月に彼は京都へ私を訪ね、私たちはこの美しい街を散策しました。私はカリフォルニアの出身で、ロンドンに住んでいます。そして、毎年2、3ヵ月間、京都を訪れています。京都を訪れるのはたいてい春と秋で、その際は丸太町の近辺に滞在しています。

ある日の夕方、私たちは御苑を散策していました。私は友人に「京都御苑で朝早くに散歩するのが好きなんだ。」と話しました。すると、友人は「京都に住んでいない日本人には、京都御苑は神聖な場所だと思われています。京都御苑を公園と思っているのは、京都人だけではないでしょうか。」 と言いました。

京都人として、(毎年ある期間しか、京都にいないとしても)京都で私の大好きな場所は、御苑の中にあります。それは「出水の小川」の案内板近くにある空間です。 私にとって、この独特な空間は何か特別なものがあります。私は案内板の隣にある、テーブルの付いた木のベンチで、何時間も座ってリラックスしています。そこでは、木々、空、太陽、水、そして四季の花々による、絵になるような趣のある共演を見ることができます。五月になると、多くの蝶々がその空間を優しく舞い始めます。ひょっとすると、いつの日かその場所で、貴方も私が「おはようさん」と挨拶しているのを見るかもしれないですね。

- チャクマジアン・ポーリン
- 翻訳:三小田 真裕

この記事に関するご感想をお聞かせください!

このページのトップへ

留学生のための就職ガイダンス

留学生のための就職ガイダンスの様子

留学生のための就職ガイダンスの様子

12月12日(金)に京都市国際交流会館で外国人留学生のための就職ガイダンス&ジョブフェア(http://www.kcif.or.jp/jp/jigyo02/syusyoku/2008_1/jobfair08_2/)が開催されます。就職ガイダンスでは、日本での就職活動のポイントや、求められる人材やスキル、また日本企業に就職した留学生の経験談を聞くことができます。その他に留学生を募集する企業の説明会や、企業担当者と自由にコミュニケーションをとれる懇談会もあり、留学生にとって就職についての本音の情報収集、交換を行える貴重な機会です。この機会は就職活動の一環であり、スーツ着用、時間厳守で気合いを入れて参加してください。また、得た情報を整理するためにも就職活動用のノートを作り、疑問点はどんな細かいことでもいいので質問をして全て明らかにしてから帰って欲しいと思います。そのためには、このガイダンスに向けて早いうちから新聞や大学のキャリアセンター、海外人材ジョブカフェ(http://www.pref.kyoto.jp/jobpark/job_foreign.html)、大阪外国人雇用サービスセンターhttp://osaka-rodo.go.jp/hw/gaisen/)などを利用して情報収集、相談をしながら自己分析をしておくことが大事だと思います。

企業説明会や懇談会

企業説明会や懇談会

就職活動は誰にとっても大変なものですが、この機会は今までの自分自身を振り返り、これからの自分自身の道を作っていく大切な過程です。私も一年前、就職活動を経験しましたが、皆さんと同様に全ての大学生が期待と不安を持ちながら臨んでいます。悩みを一人で抱え込まないで周りの人に相談してください。そしてこのイベントを大いに利用して活かして欲しいです。このイベントは就職を希望する留学生にとって日本の就職活動を知るチャンスです。あなたにとって大きなチャンスや出会いが転がっているかもしれないですよ。ぜひ積極的に参加してみてください。

- 谷口 栄弥

この記事に関するご感想をお聞かせください!

このページのトップへ

一所懸命!守れ、小倉山!

清掃の様子

清掃の様子

小倉山。そのふもとには百人一首を選定した藤原定家の別荘があったと伝えられています。多くの歌人たちにとって小倉山は、今も変わることなく特別な山です。百人一首の歌が刻まれた石のひとつひとつは私達を何とも感慨深い気持ちにさせてくれます。

スティーブン・ギルさんはロンドン大学で日本文学を学び、日本にやってきました。ギルさんが小倉山に捨てられたゴミの山を目の当たりしたのは、歌を詠みながら小倉山を散策していたある日のことでした。「小倉山は深刻な危機に直面している」とギルさんは言います。投棄された粗大ゴミは小倉山の環境を破壊し、景観を害しています。私達が、そのゴミを目にした場所からは嵐山に向かうトロッコ列車が見えました。列車の乗客からはこちらの様子をうかがうことはできなかったでしょうが、そんな身近な場所にさえ、バイクやペンキの缶、ソファーなどあるはずもないゴミの数々が転がっていたのです。信じられない、信じたくない光景でした。

以下の歌はギルさんがこのゴミを見たときに詠んだ歌です。

松覆う 崖の途中に 捨てられし 洗濯機のあり 日の盛り

「小倉山はとても大切な山。私はその姿を守りたい」。ギルさんは仲間とともにNPO法人「小倉山百人一集の会」を発足。小倉山の清掃活動に尽力してきました。今では、京都市や学生ボランティアグループも力を貸してくれるようになり、活動はますます充実してきています。

サムライの心を持った英国の騎士が日本の山を守るために戦っているという事実。「できることからはじめることで、何かを変えることができる」。ギルさんに出会ったあの日、私はそんなことを教えられたような気がしました。

「小倉山百人一集の会」の活動に興味を持たれた方は、彼らの活動に参加してみてはいかがでしょう?

次回の活動は10月11日(土)。JR嵯峨嵐山駅に午前10時に集合。飲み物とお弁当を持参。雨天決行。

捨てられたゴミ

捨てられたゴミ

Phone問い合わせ: 前田興治(日本語) 090-3289-4399 スティーブン・ギル(英語) 075-865-2773

- 谷田川 達也

この記事に関するご感想をお聞かせください!

このページのトップへ

月見

月見とは、穏やかな中秋に行われる伝統的な慣習で、文字通りただただ月を眺めて楽しむものです。人々は団子やススキを飾り、あるいは何も用意せず、静かに、穏やかに空を見上げます。とても簡素で控えめな行事ですが、どうして約千年もの間行われ続けているのでしょうか。

その理由は、秋という季節の、鈴虫の繊細な音色や、鮮やかな紅葉、穏やかな雰囲気が、言葉にできない複雑な感情を思い起こさせるからではないかと思います。かつての日本の歌人たちは、月明かりの下で、人や故郷、過去を想い、また未来を期待し、その想いを詩にしました。

僕は今まで多くの月を、生まれ育った街で、他の国で、そして京都で見ました。今でも奇麗な月を見るとその時の光景や感情を思い出して、まるでそこにいるかのような気分になります。月見は僕にとって、最も手軽な時間旅行の方法です。

- 古田雄樹(ふるたゆうき)

この記事に関するご感想をお聞かせください!

このページのトップへ

町家、住んでみはったらどおどすぅ?
京町家を救うNPOクリエーターズ・ジャパン 京都・まちづくり研究所

京都の町家

京都の町家

総務省統計局のデータによると、空き家は全国に約700万戸近くあり、空き家率は全国平均で12%を超えているという。 過剰な空き家の存在は、景観や治安の悪化を引き起こし、地域の急速な衰退を招く恐れがある。

そして、何より我々の頭に浮かぶことは、「もったいない…」という感覚であろう。新築の高級マンションや都会的、現代的な居住空間の人気が高まる一方で、日本国の古き良き文化、各地域の伝統や人間味を大切にし、そこに大きな価値を見出す人たちが増加していることも見逃せない事実。

そこで、2007年春頃、京都の若者たちが立ち上がり、志を同じくする仲間たちと共に作り上げたNPOが、『NPO法人クリエーターズ・ジャパン』(京都・まちづくり研究所)である。彼らは、増え続ける空き家・空き町家の情報を、古き良き文化・芸術を大切にする人達に提供し、場合によっては家の所有者に改装などのアドバイスをすることにより、空き町家の再利用・有効活用を推進していくことを強く願っている。

彼らは、「京都から空き町家をなくし、改修によって出来上がった地域が栄えること、そしていずれは烏丸通のとなりに“まちづくり研究所通り”と呼ばれるほどの地域を作りたい。」という壮大な目標を掲げている。その目標実現のために、彼らは数々の活動を行っている。具体的な活動内容は、町家探し・町家の清掃・修理・入居希望者探し・様々な利用方法の提案 などの活動を行っている。

その他にも、彼らは誰もが参加でき、楽しめるイベントなども企画している。

今後のイベント予定:町家でのくらし体験、名刹を見ながらの散髪(ストリート美容師さん)、町家の改修作業に参加できる(ボランティア活動体験)など

そして、ボランティアも老若男女、国籍問わず随時募集している。もし、あなたが京町家に興味があり、将来京町家に住んでみたいと思っているなら、彼らのイベントや、ボランティアとして参加されることをオススメしたい。

NPO法人『CreatorsJapan』
〒603-8156 京都市北区小山中溝町32
Tel :075-441-4104     Email : info@creatorsjapan.jp
URI: http://creatorsjapan.jp

- 伊藤 英俊

この記事に関するご感想をお聞かせください!

このページのトップへ

告知板

10月22日(水) 時代祭観覧席 無料!

時代祭

時代祭

 

在住外国人のみなさん、時代祭を見てみませんか?
時代祭は、京都3大祭の1つです。

お申し込みは http://www.kcif.or.jp/ の最新情報で!

特記(Note)のところに、Life in Kyotoに対するご意見、ご感想、ご提案を書き添えて、お送りください。

11月3日(月・祝) 京都市国際交流会館オープンデイ2008

京都市国際交流会館オープンデイ 京都市国際交流会館オープンデイ

京都市国際交流会館オープンデイ

年に1度の国際交流会館のお祭りです。世界のお料理が並ぶ「万国屋台村」や、歌と踊りを楽しむステージ、フリーマーケットや日本語カフェなど、楽しいイベント盛りだくさんです。

詳しくは http://www.kcif.or.jp/ で!

このページのトップへ