鞍馬から貴船を歩く

鞍馬から貴船を歩く

鞍馬から貴船を歩く

最初に京都に来て、有名な場所やお寺に行った後、多少違ったものを見たいと思い、京都の北、鞍馬と貴船に足が向きました。これは賢明な選択でした。何故なら、この訪問の素晴らしい記憶が今だに残っているからです。

鞍馬と貴船にはいくつかの有名な地点があります。鞍馬寺と貴船神社、鞍馬温泉、川にかかっている風景のよい高級レストラン(1)などです。あなたがどこへ行こうとも、そこを訪れるならば楽しい体験をするでしょう。温泉でゆったりと過ごしたり、貴船で素晴らしい夏の昼食を楽しめるでしょう。

しかし個人的に推薦したいのは、鞍馬から貴船へぬける道です。それは2時間もかかりません。鞍馬側の登り口から出発した道は、由岐神社を通って鞍馬寺に続きます。鞍馬寺の背後には、貴船側に通じる“木の根の小道”があります。山の頂上のここで休息をとるのを忘れてはなりません。美しい環境と、木の根が地面を覆う様子を楽しみましょう。その後、道は貴船へと山を下ります。ここからは貴船口駅へ行くのにバスに乗るか、貴船川に沿って峡谷を散策するかの選択があります。

私が行ったのは2年も前の秋のことですが、今でもそれを大変よく覚えています。だからこそ、もう一度あそこへ戻って木々や木の根に取り囲まれる機会を待ちわびているのです。

ゴメス ダビッド

ゴメス ダビッド

(1) 床: 夏の間、川のそばに作られる木組みの席。

¿Porqué no vais allí y lo veis por vosotros mismos?

Tomad la linea Eizan desde la estación de Demachiyanagi hasta la estación de Kurama, y desde allí es solamente un pequeño paseo hasta Kurama-dera y el comienzo del camino.

そこへ行って、自分の目で見てみませんか。

出町柳駅から叡山電車に乗って鞍馬駅まで行けば、そこから鞍馬寺と小道への入り口までは歩いてちょっとです。

そこへ行って、自分の目で見てみませんか。 出町柳駅から叡山電車に乗って鞍馬駅まで行けば、そこから鞍馬寺と小道への入り口までは歩いてちょっとです。

- ゴメス ダビッド
-翻訳:生田 稔

この記事に関するご感想をお聞かせください!

このページのトップへ

浴衣って?着物って?

Q(ダビッド):着物と浴衣はどう違うのですか?後ろから帯の結び方を見れば、違いが分かります。しかし、前から見ただけでは、分かりません。

右上:寝間着としての浴衣 右下:おしゃれ着としての浴衣 左:木綿の浴衣は、夏を過ごすのに快適

右上:寝間着としての浴衣
右下:おしゃれ着としての浴衣
左:木綿の浴衣は、夏を過ごすのに快適

A:日本の民族衣装、着物は生地や柄によって呼び名が違い、外出用、公式用などの区別がありました。浴衣とは、もともとは、夏場、風呂上がりや部屋で着る薄地の木綿の着物をさしました。温泉に行けば、旅館に浴衣が用意されていますよね。白や紺地にシマ模様などだと思います。それを寝間着にもしていました。

ダビッドさんは、祇園祭りで見かける華やかな浴衣を見て着物との違いが分からないと言っているのでしょう。最近、和服ブームに伴って、着物を着る人が増えました。浴衣も着物も若者を中心に個性を演出する外出着/おしゃれ着になってきています。そのせいか、浴衣の柄も着物の柄を取り入れたり、斬新な柄も出ています。

祇園祭りの開催される7月は、暑いので、薄地でおしゃれな浴衣を着ていくのがいいと思います。浴衣には、通常の帯よりは狭い細帯で、昔ながらの方法で結んでいるのをよく見かけます。慣れれば一人で結べます。着物が多彩になっているので、これは着物、あれは浴衣と考えないで、チャンスがあれば、着てみてください。

服で人気のある色目、昔ながらのたてじま模様

左:服で人気のある色目、昔ながらのたてじま模様
右:着物をベースにした衣装

和服ブームに伴って、着物を着る人が増えました。浴衣も着物も若者を中心に個性を演出する外出着/おしゃれ着になってきています。そのせいか、浴衣の柄も着物の柄を取り入れたり、斬新な柄も出ています。祇園祭りの開催される7月は、暑いので、薄地でおしゃれな浴衣を着ていくのがいいと思います。

浴衣には、通常の帯よりは狭い細帯で、昔ながらの方法で結んでいるのをよく見かけます。慣れれば一人で結べます。着物が多彩になっているので、これは着物、あれは浴衣と考えないで、チャンスがあれば、着てみてください。

- 山下 元代

この記事に関するご感想をお聞かせください!

このページのトップへ

空からのざわめき

あなたの国で夏といえば、どういう音を連想しますか?

2007年8月、私は関西地区にアメリカの大学生グループを案内しました。並木道で木の枝からふりそそぐ大きなうるさい騒音に反応する学生達に、私はびっくりしました。

「いったい何の音ですか? 私達の上に落ちてくるんですか? 」

と彼等はたずねました。これは日本のセミの声でした。

これこそ日本の夏の音の一つです。中にはわずらわしいと思う人もいるかもしれませんが、私のように気分が安らぐと考える人も多くいると思います。

セミは三段階の成長をとげます。卵、幼虫、そして成虫です。成虫の歌は毎年夏に聞くことができますが、幼虫は実は何年も土の中で過ごします。夏になると幼虫は最終的には脱皮(皮を脱ぎすてる)します。そのぬけがらが木の幹や枝に多くみられます。数週間後、死ぬ前に交尾します。雄のセミだけが、あなたに聞こえる様な声を出します。種類の異なったセミが異なった時点で現れるので、その声を注意深く聞いていれば、夏の季節の移り具合 を知ることができるでしょう。

ミンミンゼミの鳴き声(ミーン、ミーン、ミーン、ミーーー)は、しばしば日本の漫画に盛夏の象徴として用いられます。どれくらい多くのセミの鳴き声を聞き分けることが出来るかを知るために、下記のウェブサイトを利用してみて下さい。残念ながら、このウェブサイトではそれぞれのセミの学名しか用いられていませんが、日本の夏のいろいろの美しい調べを聞くことが出来るでしょう。

セミの鳴き声のページ(AAC) http://homepage2.nifty.com/saisho/cicadasongaac_j.html

- 俵山 カレン・リー
- 翻訳:生田 稔

この記事に関するご感想をお聞かせください!

このページのトップへ

雨に咲く花の美しさ

雨に咲く花の美しさ – 日本人は初夏の花をたずねるのが好きなんです。 日本には四季があり、日本人はその折々の移り変わりを楽しみながら生きています。

6月7月8月は夏です。夏の始まりの6月は梅雨、雨が毎日のように降り続く季節です。うっとおしいと思われがちな、こんな季節も、日本人は楽しみに変えてしまいます。

あじさいに花しょうぶ、そして水面に咲くすいれん・・。京都では、雨に似合う花々がきれいな季節になります。特に雨あがり、雨にぬれた花々は美しく光り輝きます。

青や紫に色づく初夏の花を探して、傘を片手に京都をとことこ歩きませんか。

すてきな花と出会える場所はどこ・・・。私のお薦めの場所は右の所です。

平安神宮
京都市国際交流会館の近くのここには、花しょうぶとすいれんがあります。花しょうぶは約2000株、日本古来の品種ばかりです。
  600円。8:30~17:30 075-761-0221
  京阪電車「丸太町」駅下車 徒歩15分、
  又は地下鉄「東山」駅徒歩10分

藤森神社
伏見のここでは3500株のあじさいが咲き誇ります。 有料ですが、あじさい娘のお抹茶の接待があります。
6月上旬から約一ヶ月。
  300円。9:00~16:00 075-641-1045
  京阪電車「藤森」、JR線「JR藤森」駅下車 徒歩5分

三室戸寺
宇治のこの寺には、あじさいが約10000株も楽しめます。このあじさいが杉の木々を背景に咲く様子は、すばらしい景観です。6月上旬から約一ヶ月が見ごろです。
6月下旬から8月上旬までは、200鉢の色とりどりのはすが咲き始めます。その光景は、極楽浄土のようだといわれます。
  500円。8:30~16:30(入場受付〜16:00、4月~10月)  0774-21-2067
  京阪電車「三室戸」駅下車 徒歩15分


各名所への行き方MAP

各名所への行き方MAP

あじさい
アイリス
花しょうぶ

- 橋詰 淳子

この記事に関するご感想をお聞かせください!

このページのトップへ

品格

「国家の品格」(著者:藤原正彦)と「女性の品格」(著者:坂東眞理子)という2冊のベストセラー作品が生まれたことで、脚光を浴びた言葉「品格」。この言葉、もともとは「正しい行動や理想の姿から感じられる気品の高さ」という意味だが、この2冊の本で言われている意味はもう少し、深いように思う。

明治維新以来、日本は伝統を捨て、改革の一途をたどってきた。日本人の中にあった武士道精神であったり、女性のおくゆかしさといったものは時代の変化とともに必要とされなくなってきたのかもしれない。それでも、日本人元来の良さである、それらの性質をなくしてはならない、それが大切な「品格」である、というのがおおよその主張であろう。

日本人の性質が変わりつつある今も、外国人の日本人に対する印象が「礼儀正しい」、「謙虚」というものであることは個人的にはとてもうれしいことだと思っている。私達、日本人はこういったもともとの良さを失わずに発展していきたいものである。

- 谷田川 達也

この記事に関するご感想をお聞かせください!

このページのトップへ

イベント情報

☆「いらなくなったらいる人へ」京都市役所前フリーマーケット 

日時:6月15日(日)・7月13日(日)午前10時~午後4時
場所:河原町御池西北角 京都市役所前広場 
主催:NPOプラスワンネットワーク Tel: 075-229-7713

詳細は http://www.plusone.ne.jp/ をチェックしてください。.

このページのトップへ