Page TOP

私の好きな京都 - 今出川ビーチへようこそ!

このシリーズは、京都に住んでいる皆さんから「私の好きな京都」を紹介していただきます

信じられないかもしれませんが、世界には夏休みが一ヶ月以上もある国があります。イタリアはそんな国の一つです。

僕がまだ一歳にもならない頃、家族と一ヶ月の休暇をシチリア島の祖父の家で過ごすため、初めて飛行機に乗りました。そのとき、飛行機が遅れることでは世界二位、荷物が行方不明になることでは一位の航空会社から(リナーテ空港では格納庫は全て満杯だという噂ですが、それは飛行機ではなく、不運にも持主に行き着かなかった荷物によると言われていました)、「初飛行認可証」なるものをもらったことを覚えています。そんなわけで僕の幼少時代(さらにその後も)の夏は、ビーチバレーや地中海での水浴び、たくさんのアイスクリームとお菓子と共に過ぎていきました。

そして、去年日本で初めて過ごした僕の夏は、勉強も旅行もなく仕事をして、幼少時代のように突然消え去ってしまいました。ビーチパラソルは、嫌がるのもかまわず海へ投げ飛ばされ叫び声を上げる人たちは、真夜中の月明かりの下でキスをしながら飲むカクテルは、一体どこへ?

僕は落ち込まないように想像力にまかせ、自転車でいつも僕を惹きつける場所、鴨川へ行こうと決めました。自転車のタイヤが地面を走る音を聞き、川の上を堂々と飛び回り、いつも獲物を探しているとんび(時々僕の弁当に近づきすぎる)を眺めながら、ペダルをこいでいました。

突然、僕の場所を見つけました。水着を着た人、日光浴をする外国人、走り回り叫び声を上げる子供がいました。(誓っていいますが、その中の一人はライフジャケットを着ていました。はっきり言って僕は鴨川がそんなにも深いという知識を持っていませんでした。)僕はそこを僕の特別な場所にして、一日中、それが無理なら昼休みを過ごそうと決めました。職場(千本中立売)から僕の場所まで、約13分の記録を達成すべく、毎日自転車でどんどん速く走り始めました。そして、2年前に自転車で東京から京都まで旅をしたときのように、ブレーキが壊れないよう、いつも祈っていました。

僕の小さなパラダイスに到着し、服を脱ぎ(シャツとジャケットですよ)、ミツバチや鳥の舞い、日陰で風通しのよい場所、そして夏だけに味わえる自由の感覚を、やっと楽しむことができました。

9月なったらその場所の魅力は、京都の汗ばむ夏で終わってしまうと思っていましたが、間違いでした。最初は夕日を、次は紅葉を見にいきはじめました。そして今は一日が終わった後にオフィスから出ると、いくつかの小さな光が水辺に浮かび、踊りながらキラキラと瞬く様子に惹かれています。

ヨゼ クニオリ

ヨゼ クニオリ

時々、僕の場所の目の前にある下鴨神社は京に都ができる前からあったのだと考えると、不思議な感動に包まれます。きっとこの場所の魔法は、少し立ち止まってその素敵な響きを聴く誰かを探してみるだけで、千年以上たってもまだそこにあるのでしょう。美しい音楽は、聴く人がいれば決して終わることはないのです。

心からありがとう、今出川ビーチ。 

- ヨゼ クニオリ
-翻訳 三上 智亜

Go To TOP

京都の花だより ── 春が来た

京都の花だより

京都が都だった平安時代 (794年-1185年) には、人々は花にうっとりする気持ちを移り行く世に掛け合わせて詩を詠んでいました。この時代にタイムスリップして花を鑑賞してみませんか。おすすめは、京都御苑です。ここは、地下鉄「烏丸線」丸太町駅から徒歩1分と便利な位置にあり、気軽に散歩できます。肌寒い京都の春ですが、何度か足を運んで、移り行く春を楽しんでください。

日本で「花」といえば桜を思い浮かべる人が多いでしょう。しかし、それだけではありません。

まず、2月になると梅がつぼみを膨らませゆっくりと咲き春の訪れを告げます。白、薄ピンク、紅色の梅から、ほのかな香りが匂います。昔の人は梅が咲き出すと春の訪れを知り、芳香を生活に取り入れてきました。今も、甘酸っぱい芳香が梅酒から味わえる他に、線香やお香として用いられています。

京都の花だより

3月になり、ゆっくりと梅が散り始めた頃に桃がつぼみを咲かせます。桃の花は、女の子の日である「ひな祭」で人形の横に飾られます。花のピンク色は「桃色」と呼ばれ日本の伝統色としてほお紅や着物に採用されています。かわいい女の子に似合う色として人気があります。

そして4月、桜がいっせいに開花したかと思うと、ヒラヒラと散っていきます。その豪華さと儚さは日本人好みで、満開の桜の木の下で宴を催します。また、この時期は、卒業・入学、入社などの出会いと別れの節目になるので、思い出の一つとして、残っていくのでしょう。日本人は桜を見て、時の流れと届かぬ想い、失敗に負けず立ち上がる力など、物思いと決意を花に重ねてきました。桜花爛漫のなか、あなたは何を感じるのでしょう。

まだ寒いので、温かい飲みものやカイロを用意して出掛けてください。なにか「春が来た」と感じるはずです。

- 山下 元代

Go To TOP

女性専用車両 ── きゃあ!ちかん!!さ、さわらないで!!

みなさんが地下鉄や電車に乗るとき時、駅のプラットホームに「女性専用」と書かれた表示を見たことがありませんか?そして、電車の中や駅には、黒いコートを着た男性が女性の姿を見ている表示があります。これらは「女性専用車両」や「ちかん」を表しています。

「ちかん」とは主に、たくさんの人で混み合っている中、女性の体を触るなどの性的な嫌がらせをする男性のことです。ちかん行為は地下鉄や電車などの交通機関でよく起こります。そのほとんどが忙しい時間帯、つまり人がたくさんいて、誰がちかん行為をしたか分かりにくいとき時に起こります。また、駐輪場やエレベーターの中で起こるケースもあります。

このような状況に対応するために、いくつかの電車の会社では、女性しか乗ることができない車両「女性専用車両」を2001年から提供しています。

特に人で混み合う平日の朝と夕方には、女性しか乗れない車両を設けてあります。男性は体が不自由な人を除いて、その車両に乗ることができません。このサービスは女性から高い評価を受けています。

そして男性からも同じように支持されています。なぜなら、ちかん行為をしていないのに「ちかん行為をした」と間違われる場合があるからです。とても混んでいて、誰がしたのかが分かりにくい状況なので、このような「間違い」が起こる可能性があります。女性専用車両があることにより、男性がそのような心配をしなくてよくなります。

しかし、ほとんどの電車が7両、もしくはそれ以上の車両がある中で、たった1両しかちかんを防ぐための車両を用意していません。これで十分と言えるでしょうか?便利と言えるでしょうか?

他にも男性から『男性が乗れる車両が減ることにより、他の車両がもっと混んでしまう』という意見があります。(たいてい「女性専用車両は混んでいません)

そして、『普通の車両がさらに混んでしまうことにより、ちかん行為をするチャンスを増やしてしまう』と彼らは主張しています。女性専用車両は本当によいアイデアなのでしょうか?みなさんはどう思いますか?

もしこの記事についてご意見があれば、こちらに送ってください。shipng@hotmail.com

資料 (英語)

http://en.wikipedia.org/wiki/Chikan_(body_contact)
http://en.wikipedia.org/wiki/Women-only_passenger_car

参考資料(日本語)

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%97%B4%E6%BC%A2
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A5%B3%E6%80%A7%E5%B0%82%E7%94%A8%E8%BB%8A%E4%B8%A1

- 荘 熹鵬
-翻訳 田中 朋也

Go To TOP

話題のことば  〜 このコーナーでは、最近話題になっていることばを紹介します 〜

ケータイ小説 ── ここから映画デビュー

書き手が、携帯電話(ケータイ)を使って、ケータイ小説サイトに文章を書き込み、小説を作りあげます。それがケータイ小説です。その文章は読みやすいです。話しことばや絵文字を使い、短く簡単なものです。読む方法は、ケータイ小説のサイトにアクセスします。そして自分の読みたい小説を選びます。人気のある小説は本になり、さらに映画にもなっています。昨年公開の映画『恋空』は、若者の間で人気となりました。あなたが書いたケータイ小説が、もしかすると映画になるかもしれませんね。

ケータイ小説サイト 魔法のiらんど http://ip.tosp.co.jp/index.asp

-田中 朋也

Go To TOP

京都の駅のエスカレーター (1) ── 左も右も

大阪のエレベータ
京都のエレベータ
東京のエレベータ

東京では左。大阪では右。それでは、京都では? 決まっていません!

左?右? ── これは、駅のエスカレーターで立つ位置のことです。東京では左、大阪では右に立ちます。日本の中で違いがあるのはおもしろいですね。世界では、大阪と同じ「右に立つ」規則をもつ国が多いそうです。

それでは、京都では? ── 左に立つ人、右に立つ人、真ん中に立つ人、・・・ぐちゃぐちゃ。決まった規則がありません。どうしてこうなのでしょうか。

京都の駅のエスカレーターでも、昔は立つ位置の規則を作ろうとしていたそうです。しかし、おもしろいのは、規則が二つ作られたこと。地下鉄では左、京阪電車では右。そのことが、京都には規則がないことの理由の一つだと言われています。

もう一つの理由は、京都の駅では東京や大阪ほど急ぐ人が多くないことかもしれません。実際に京都では、左か右のどちらかに並ばないといけない、という強い雰囲気は感じません。のんびりしています。この「実感」は、東京や大阪とは違います。

駅のエスカレーターに乗るとき、あなたは左に立つか右に立つか、注意しますか?

次号では、京都の駅のエスカレーターに列ができる仕組みについて考えてみます。(続く)

-渡邊 岳

Go To TOP

イベント情報

「いらなくなったらいる人へ」京都市役所前フリーマーケット

日時:2月10日・3月2日午前10時〜午後4時
場所:河原町通御池西北角 京都市役所前広場 
主催:NPOプラスワンネットワーク Tel075-229-7713
http://www.plusone.ne.jp/freema1.htm

Go To TOP

Designed by 溝井ゆきゑ (HP ボランティア)

http://www.yukirun.com/