Page TOP

年賀状       新年のごあいさつ

みなさんはどのようにして新年を祝いますか?

次のページの『除夜の鐘』『忘年会(新年会)』同様、年賀状も日本のお正月には欠かせません。

 「年賀」とは新しい年を迎え、新たな気持ちで日ごろの感謝の気持ちを込めて挨拶に伺う風習です。それはなんと平安時代※1よりあったとされています。江戸時代※2になると、遠く離れた人へは年賀状を送るようになりました。明治時代※3を迎え、郵便制度の発達とともに、郵便はがきで年賀状を送る習慣が日本中に広まりました。年内の定められた期間に出すと1月1日に配達されるサービス※4は、1899年より始まりました。1949年には、受け取った人に抽選で商品が当たる「お年玉※5付年賀はがき」が発売され、年賀状はいっそう身近になりました。

現在では、お正月に因んだイラスト入りの年賀はがき、環境問題に配慮した再生紙年賀はがきやパソコンでの印刷に向いているインクジェット年賀はがきなどがあります。さまざまな種類があることからも、年賀状の大切さが感じられますね。

ですが、年賀状を書くのが苦手な日本人もいます。私もそのひとりです。「もう、年賀状の準備はできた?」12月に入ると、しばしば話題になります。毎年、年賀状の作成に頭を悩ませる私にとって、これはいやな質問です。けれど、お正月に手元に届いた個性豊かな年賀状を見るのはとても楽しいもの。普段のメールとは雰囲気が異なり、送り手の温かい気持ちが感じられます。年賀状は、悩みの種であり、楽しみにもなります。1枚のはがきで、お世話になった方への感謝の気持ちや新年への意気込みを伝える年賀状は、表現力の問われるところと言えるでしょう。

手作り年賀状

手作り年賀状

ここで、Life in Kyoto (LIK) メンバー2名の今年の年賀状を紹介します。

手作り年賀状 (関野さん)

これからの季節、デパート等に『年賀状コーナー』が設けられます。今回の材料をはじめ、いろいろな手作り年賀状グッズが並び、デモンストレーションも行われます。

材料:無地の年賀状、色紙(赤・金色)、スタンプ(干支※6・竹)、日本画用顔彩絵の具(紅色)、スタンプ台(朱色)、硯、墨、筆

パソコンで年賀状 (早川さん)

書店には、CD-ROM付の年賀状図案集が出回ります。その中から気に入ったイラストを取り込み、画像ソフトを用い、自分の住所を入れたら、あとは印刷するだけです。また、インターネット上にも無料の年賀状用イラストがあります。簡単に、綺麗な年賀状の出来上がりです。

作る前は面倒くさく感じられますが、作り始めると新年を待つ、晴れやかな楽しい気持ちになります。早速みなさんも、いかがでしょうか?また、素敵なアイデアがあれば、LIK編集部にも、こっそり教えてくださいね。

最後になりましたが、2007年は Life In Kyoto を手に取っていただき、ありがとうございました。2008年もみなさんの京都での暮らしを楽しく彩る Life In Kyoto を目指します。あけましておめでとうございます。

※ 1 平安時代:西暦794年〜1185年
※ 2 江戸時代:西暦1603年〜1868年
※ 3 明治時代:西暦1868年〜1912年
※ 4 1月1日に年賀状を配送するサービス  :今年の投函締め切りは12月28日。それ以降に投函された年賀状は2日以降に届く。
※ 5 お年玉:新年のお祝いの贈物
※ 6 干支:子・丑・寅・卯・辰・巳・午・未・申・酉・戌・亥(ねずみ・うし・とら・うさぎ・たつ・へび・うま・ひつじ・さる・とり・いぬ・いのしし)を年に当てる。2008年の干支はねずみ

-松原 有希

Go to TOP

除夜の鐘       京都のお寺から

new year's eve bells

昔は大晦日(12月31日)の夜は眠らないという風習があり、夜を除くから「除夜」といわれていました。多くの人は、除夜の鐘が108回鳴ってから初詣に行きます。そして、お寺はたくさんの人で賑わいます。

 では除夜の鐘を108回つくのはなぜでしょう。

その由来のひとつをここで紹介します。人間には眼・耳・鼻・舌・身・意といった6つの感覚があり、そこに執着が生じ、煩悩となります。そして、それぞれ、好(気持ちがよい)悪(いやだ)平(何も感じない)の3種に分かれ、3×6=18となり、これが、また浄(きれい)染(きたない)の2種に分かれ18×2=36となり、さらに、現在・過去・未来の3つの時間が関わり、36×3=108となります。これが108の煩悩だと言われています。そしてこれを救うために108の仏様がいて、このことから除夜の鐘は108回つくとされています。

京都には、除夜の鐘をつくことができる有名なお寺があります。新年を迎えるにあたり、仏様に感謝し、私達の108の煩悩が取り除かれるように、お寺に出かけてみてはどうでしょう。大晦日の夜、一年を振り返り、穏やかな気持ちでよい年をお迎えください。

(注)煩悩・・仏教の教えの一つで、身心を乱し悩ませる心のはたらき。例:貪欲、愚痴

除夜の鐘をつけるお寺

1.平等院・・宇治市にある世界文化遺産。4〜5人で1回ずつ。(全部で108回しか鐘を鳴らせないので。)午前1:30には終了予定。

2.永観堂・・紅葉名所として有名。2〜3人で1回ずつ。甘酒をもらうこともできる。

3.清水寺【要予約】・・世界文化遺産。2人で1回ずつ。12月25日から予約受付。300円で境内の拝観もできる。

- 三上 智亜子

Go to TOP

話題のことば  〜 このコーナーでは、最近話題になっていることばを紹介します 〜

忘年会       飲みましょう、食べましょう!

忘年会とは、主に12月に行われる宴会のことです。

なぜ『忘年会』と呼ぶのか?それは、1年間にあった苦労を『忘れる』ために開くからです。同時に、『みんなよく頑張ったね!』とほめあう会でもあります。

1回だけではなく、色々な友人、仕事仲間となど、何回も行くのが一般的です。

お財布が薄くなってしまい、代わりに飲み過ぎ、食べ過ぎで、お腹は大きくなってしまう時期です。

ちなみに、年が明けた1月には、『新年会』と呼ばれる、『今年も頑張ろう!』と励ましあう宴会が待っています。12月、1月は宴会が嵐のようにやってくる時期です。

-田中 朋也

Go to TOP

インフルエンザの予防

風邪と異なりインフルエンザは主に12〜3月に流行します。また、その症状や合併症も様々で、時に危険な状態になる場合があります。インフルエンザの病原はインフルエンザウイルスA・Bで、湿度と気温の低い冬に増殖します。

 治療には対症療法と化学療法があります。前者は高熱や痛みに対するアセトアミノフェンといった解熱鎮痛剤の投薬で、後者はタミフル・リレンザといった抗ウイルス薬の投薬です。但し、いずれの薬も医師による処方箋が必要です。

しかし、インフルエンザの予防は治療よりもはるかに重要です。手洗いやうがいなどの習慣はもちろん、インフルエンザ予防接種も感染リスクを減らしてくれます。実際、筆者はインフルエンザにかかったことがありますが、3年間予防接種を受けているのでインフルエンザにかからなくなっています。

インフルエンザを予防するために、インフルエンザの予防接種をおすすめします。

インフルエンザと「普通(ふつう)の」風邪(かぜ)との違(ちが)い

 

インフルエンザ

風邪(かぜ)

流行(りゅうこう)時期(じき)

主(おも)に冬(ふゆ)(12〜3月(がつ))

一年中(いちねんじゅう)

症状(しょうじょう)

初発:発熱(はつねつ)、悪寒(おかん)、頭痛(ずつう)
主: 発熱(はつねつ)、筋肉痛(きんにくつう)、関節痛(かんぜつつう)

鼻(び)咽頭(いんとう)の乾燥感(かんそうかん)、くしゃみ
鼻水(はなみず),鼻(はな)づまり

熱(ねつ)および熱型(ねっけい)(期間)

38〜40℃(3〜4日間(かかん))

ないか、もしくは微熱(びねつ)

悪寒(おかん)、痛み、倦怠感(けんたいかん)

高度(こうど)

なし、もしくは短期に軽度

合併症(がっぺいしょう)

気管支炎(きかんしえん)、インフルエンザ肺炎(はいえん)、脳症(のうしょう)

まれ

病原(びょうげん)

インフルエンザウイルスA,B

ライノウイルス
アデノウイルス


  1. 予防接種が受けられる時期:毎年11〜1月頃
  2. 場所:診療所・病院
  3. 費用:約2500円(原則自己負担)
  4. 予防接種についてわからないことがあれば、医師に相談してください。
参照ウェブサイト

-渡邊 岳

Go to TOP

-シリーズ-私の好きな京都―

このシリーズは、京都に住んでいる皆さんから「私の好きな京都」を紹介していただきます
許 宜如

許 宜如

私は2007年の4月から日本に留学しています。台湾から来た私にとって、4月の日本は冬のように寒かったです。その時の私は、京都の生活にまだ慣れないし、学校の課程も難しいし、友達もいないし、本当に楽しくないことばかりで、がっかりしました。

ある日、自転車で京都をぶらぶらしていた時に、鴨川で満開の桜を見ました。ピンクの花が風の中に漂っている景色は、まるで詩情あふれる作品のようで、とても綺麗でした。私の気持ちは慰められて、異国で小さな幸せを感じました。今もあの時の美しい景色がよく頭に浮かびます。

鴨川は京都を代表する河川で、沿岸には桜の木以外に、多くの柳もあり、とても綺麗な場所です。京都は長い歴史の建物とお寺がいっぱいありますが、私にとって一番好きな場所はやっぱり鴨川です。四季とともに変わる鴨川の美しい景色を楽しみに待っています。 

- 許 宜如

Go to TOP

イベント情報

「いらなくなったらいる人へ」京都市役所前フリーマーケット

12月16日・1月13日午前10時〜午後4時
場所:河原町通御池西北角 京都市役所前広場 
主催:NPOプラスワンネットワーク Tel075-229-7713
http://www.plusone.ne.jp/freema1.htm

Go to TOP

Designed by 溝井ゆきゑ (HP ボランティア)

http://www.yukirun.com/