Page TOP

行政通訳・相談事業スタート!!

京都市国際交流会館 行政通訳・相談 (電話:075-752-1166)
<曜日>英語:火・木/ 中国語:水・金 <時間>10時〜16時

行政通訳研修

行政通訳研修

福祉制度が見直され、生活援助も良くなってきています。しかし、それを受けるには役所で煩雑な手続があるのも現実です。日本語を母国語としないのであれば、説明を聞いても良くわからないだろうし、もっと煩雑に感じると思います。

そこで手助けするのが行政通訳なのです。京都市国際交流会館では、10月からの行政通訳・相談事業のため、通訳・相談員を対象とした全5回の研修が行われていました。

第4回目のこの日、法律や生活支援分野を中心に活動している通訳の尾上皓美さんと外国籍市民の相談事業コーディネーターの飯田奈美子さんを講師に研修がありました。

尾上さんは通訳を「コミュニケーションの仲介者」と定義し、語学力に加え、司法・商談など場面によって使い分ける通訳技術と、その背景を熟知することも必要だと語りました。また、相談では楽しい話でなく、苦しい内容で、自分の中の偏見に気づくこともあるとアドバイスされました。通訳としての集中力や話のエッセンスをつかむトレーニングの後、相談場面のロールプレイに進んでいきました。

まずは、区役所に児童扶養手当の手続に来た中国籍の女性に通訳が電話で申請方法を説明するという設定です。役所の担当者から「児扶手」の説明を通訳してほしいとの依頼がありました。通訳は離婚の有無、養育費の支払状況、子供の国籍などを担当者に代わって聞きました。そして、相談者に必要書類と手当の支払に関する説明をします。この実践から通訳は「児扶手とは児童扶養手当のこととはわからなかった」とコメント。役所の担当者は通訳が行政の知識を熟知していると思って話してくるので、聞き返すところが多くあった。このロールプレイから電話では、顔が見えないので、明るくもなく暗くもない、安心感のある話し方で、誤訳にならないように確認しながら進めることが大切だと感じました。

次は、職場を解雇され弁護士に相談したいという留学生の事例です。「先輩から、このバカ、おまえなんかクビだ。帰れ」と解雇されたということです。弁護士が不在で相談員が分かる範囲で対応することになり、解雇通知、給料の支払などを聞いて適切なアドバイスをしました。彼女は学費や生活費を賄うため法律で決められている時間を超えて働いているので、入管に通報されることを恐れていました。日本国籍の者には気付かない悩みをここで見ました。

最後に、相談員は自分の体験したことのないような悩みを聞いて戸惑うこともあるかと思いますが、異国でなんでこんなことになる、と悩む人たちに、そのひとの立場になってサポートしてもらいたいと思いました。Live vigorously!

-山下 元代

Go to TOP

大文字山へ、歩いてみましょう

大文字山への行き方

大文字山への行き方

多くの人が銀閣寺まで来ます。しかし、ほとんどの人は、銀閣寺の裏には行きません。残念です。きれいな紅葉の木がありますよ。

10月の終わりから11月の初め、天気がよい日に見に行ってみましょう。銀閣寺の入り口から鳥居(神社の門)が見えま す。神社の右へ、坂道を行きましょう。約5分歩くと、駐車場に着きます。ほら!美しい紅葉の木が見えるでしょう。 人が少ないので、静かです。ゆっくり写真を撮れます。

歩くのが好きな人は、もっと歩いてみましょう。紅葉の木から山道があります。靴が汚れるかもしれないので気をつけましょう。

川に沿って約5分歩くと、左側にコップが見つかります。お地蔵さんがいますよ。川の水が山から流れてきていますね。飲んでみ ましょう。この場所には、毎日、水を飲用水として入れ物に汲みに来る人がいます。

山歩きが好きな人は、そのまま山道を登りましょう。大文字山は、8月16日夜の儀式「五山の送り火」で有名です。 その「大」の文字へ行けるのです。知っていましたか?歩いて、休んで、また歩いて、休んで、急な坂道を何度も 曲がります。他に歩く人とすれ違います。「こんにちは」とあいさつしましょう。山の中ですが、一人ではないので心配ありません。

石の階段まで来たら、もうあと少しです。さあ、大文字山の「大」に着きました。すごいでしょう、京都市が全部見えます!鴨川、 御所、京都タワー、・・・行ったことのある所を見つけられるでしょうか。京都市がきれいな山に囲まれていることがよく分かります。 北山も一望できます。

ガイドブックには載っていない銀閣寺の裏道、紅葉の季節に行ってみてください。いつもの京都が、ちょっと違って見えるかもし れません。

- 石井 琢悟

Go to TOP

日本料理を楽しく作りましょう

スーパーではいろいろな日本の野菜を見ることができます。日本の野菜は多かれ少なかれ、我々の国の野菜とは異なります。たとえば台湾の茄子は細長い形、日本のは短い円形です。又、台湾の苦瓜は白い色、日本のは緑色です。あなたはかつて日本の野菜に違和感をおぼえたことがありませんか?日本料理の作り方を知りたいですか?私達と一緒に日本料理を作ってみましょう。


苦瓜、にんじん、ワカメのサラダ

苦瓜、にんじん、ワカメのサラダ

料理一:苦瓜、にんじん、ワカメのサラダ

  1. 苦瓜はヘタと種を取って、薄切りにします。にんじんは3 cmに切って薄切りにします。お湯で茹でて、水に冷やして、絞って水気を取ります。ワカメも3 cmに切ります。
  2. 紫蘇と梅干を細かく切って、味醂、醤油、おだし、お酢を入れ、(1)を混ぜます。

料理二:茄子と鱧のあげだし

  1. 茄子はヘタを落とし、縦半分に切ります。味がしみ込みやすいように、皮に斜めに浅く切り込みを入れます。鱧は小口に切って、小麦粉を付けます。
  2. 熱した油で揚げ、鍋におだし、醤油、味醂を入れて、塩で味を調えます。料理は完成です。あとはみんなでいただきまーす。
日本料理を楽しく作りましょう

日本料理を楽しく作りましょう

日本料理はおだしが最も重要なものです。水を入れた鍋に昆布を入れ、沸騰させます。昆布を出して、だしがつおを入れます。しばらくして、だしがつおをひきあげます。簡単なおだしができます。また、スーパーでもおだしを買えますよ。

-許宜如・アルタ エンライル

Go to TOP

家電量販店

家電量販店は家庭電化製品を大きな売り場で大量に販売する店です。商品を豊富に用意していることが店の自慢です。この家電量販店が、京都駅の西に隣接するビルに8月末新規開店しました。駅周辺では、このような家電量販店がここ数年で相次いで出店することになりそうです。駅の南側の九条地域では来年6月に別の会社が出店する予定で、北側にもさらに別の会社が出店を計画しています。京都駅を中心とした地域で、家電販売店の競争が激しくなりそうです。

- 藤村 英治

Go to TOP

-シリーズ-私の好きな京都―

このシリーズは、京都に住んでいる皆さんから「私の好きな京都」を紹介していただきます
Lisa Sharp

Lisa Sharp

私が日本に来た時、新しい生活が始まるのだと、とてもわくわくしていました。

しかし、現実には、新婚旅行が終わってから、日本での生活にとても疲れてしまっていました。なぜなら、家がとても騒がしくなったからです。

もちろん、庭園で休むなど、リラックスすることもできたのですが、もっと他に落ち着ける場所はないかと、探していました。

そんな中、2006年の10月頃、ふと私は『山科疎水』という場所について、話を聞きました。そこでは、綺麗な紅葉と、ひょっとすると野生のイノシシを見ることができるかもしれない、ということでした。ジョギングをする上で、ここよりよい場所はない。少なくとも、イノシシが近々あるレースの相手になってくれるだろう。そう思った私は、山科疎水に行ってみることにしました。

一週間程、間違ったコースを走り、ようやく山科疎水を発見することができました。そこは、赤、黄、オレンジで彩られた木々が辺りの道を綺麗に飾っている、とても素晴しい所でした。しかも、人が全然いないのです。

秋の山科疎水は、とてもはかなくて美しかったです。8kmのコースを走っていた間、私を取り囲む、その景色の美しさに感動しました。

冬は私にとってホームシックになる時期でした。特に休日になると強く感じたので、私はどこかへ行きたくなりました。そんな時、私はやはり、山科疎水へと走りにでかけました。そこでの時間、息が凍りつくような寒さの中で走った疲れ、それらが私をホームシックから助けてくれていたのかもしれません。

そして私は春を待ちました。山科疎水で走る度に、辺りを大きく見渡しながら、桜の花が咲くのを楽しみにしていました。いよいよ、その時が来ると、辺りは祭りの雰囲気になり、いたる所にたこやき屋さんが並びだします。

山科疎水は私にとって、安らぎをくれる場所になっていました。頭の中が考え事でいっぱいになってしまうと、真っ先に向かい、心を落ち着かせていました。山科疎水は、他のどこよりも、私が日本にいたのだと感じさせてくれる場所です。

- Lisa Sharp/ 翻訳 田中 朋也

Go to TOP

イベント情報

外国人のためのカウンセリング・デイ2007無料!

在住外国人の方を対象に法律・ビザ・税務・社会保険・ 労働・メンタルヘルスの専門相談会を実施します。
英語、中国語、韓国・朝鮮語、スペイン語、タイ語等の 通訳も有ります。予約制です。

日時: 12月1日(土) 午後1時〜5時
主催:(財)京都市国際交流協会
連絡先:Tel075-752-3511

通訳ボランティアさんも募集中!

京都案内倶楽部一日ツアー〜鞍馬山から貴船ハイキング〜

在住外国人に京都の魅力を紹介する、ボランティアの企画運営に よるツアー。
今回は約1300年の歴史を誇る鞍馬寺周辺をめぐ るハイキングと、「火祭り」の準備風景などを紹介。

参加費:160円(入山料)  対象:京都市在住外国人30名
日時:10月14日(日)10:00〜15:00
申込み・問合せ:京都市国際交流会館受付または電話075-752-3511
主催:ボランティアグループ「京都案内倶楽部」

「いらなくなったらいる人へ」京都市役所前フリーマーケット

日時:10月8日・11月18日午前10時〜午後4時
場所:河原町通御池西北角 京都市役所前広場 
主催:NPOプラスワンネットワーク Tel075-229-7713
http://www.plusone.ne.jp/freema1.htm

Go to TOP

Designed by 溝井ゆきゑ (HP ボランティア)

http://www.yukirun.com/