Page TOP

医療通訳制度

医仁会武田総合病院 辻野さん

医仁会武田総合病院 辻野さん

多くの大学や数々の重要文化財がある京都は、観光客だけではなく、各国から多くの移住者を受け入れています。そのような外国人市民が、安心して医療サービスを受け、健康に暮らせるために、医療通訳制度があります。

京都市、京都市国際交流協会、NPO(*1)多文化共生センター京都が協同で実施している医療通訳システム事業では、外国人の依頼に応じて、医療通訳者を病院へ派遣するというかたちがとられています。しかし、今回インタビューに訪ねた医仁会武田総合病院では、週三回、中国語スタッフの医療通訳者が常駐しています。インタビューに応じたのは辻野さんです。辻野さん自身、ドイツ留学中に病院を利用した際に言葉の壁にぶつかった経験を持っています。自身のその体験から、そして病院職員として 多くの外国人に対応している立場から、医療通訳制度の必要性を語っていただきました。

例えば患者さんが「しんどい」と言って来た時、辻野さんは様々な観点からその言葉の裏を考えるそうです。私達日本人の「しんどい」と外国人の「しんどい」は意味が異なる場合があるからです。その「しんどさ」というのは、新しい­土地での生活に精神的に疲れを­感じている心身症的 (*2)なものであったり、慣れない気候に対するアレルギーのようなものであったりと、様々な可能性を考えるそうです。問診(*3)を通して患者さんの症状や気持ちを理解し、時には日常的な相談にものることによって、原因を探り、適切なアドバイスをするように心がけているとのことです。

また、外国人が入院する際には、その方の文化・宗教・考え方をできるだけ尊重するよう努めるそうです。例えば、宗教の関係で肉類を食べられない患者さんに対しては魚・野菜中心の食事にシフトしたり、医師だけではなく、看護師も患者さんの母語で挨拶するよう心がけたりしますと、辻野さんは語っています。患者に安心して治療に励んでもらったり、出産の準備をしてもらえるよう、病院全体で受け入れ態勢を整えているようです。

ただ、辻野さんは外国人の患者さんにも心がけていただきたいことがあると言っています。国が違えば、法律も異なる。そして法律が異なれば、病院のシステムも異なるということを理解していただきたいということです。治療方針や病院のシステムについて納得されない方に対しては、母国の通院に関するルールは忘れて下さいとお願いするそうです。患者さんの文化背景はできるだけ尊重するが、病院のシステムについては、患者さんに理解していただき、「できるものはできる、できないものはできない」とはっきり示すことが医療現場には必要なようです。

医療通訳者として一番喜びを­感じるのは、患者さんが笑顔で退院していき、自身も笑顔で送り出す時だそうです。辻野さんは、病院関係者と患者がお互いに協力し、患者が安心して日本の医療サービスを受けられるよう、今後、医療通訳制度がさらに拡がっていくことを願っていました。

*1 NPO…NON PROFIT ORGANIZATION: 特定非営利活動法人
*2 心身症…精神的な条件が原因となり、症状が現れる病気
*3 問診…病歴・病状などを質問して診断の助けとすること

-谷尾 美沙

Go to TOP

お辞儀は “POLITE”

  
お辞儀は“POLITE”

お辞儀は“POLITE”

桜が散り急ぐ土曜日の午後、国際交流会館を訪ねました。京都市国際交流協会の市民活動育成事業の一つ、「コスモス」の外国人向け墨アートと生け花のクラスに集う方々へのインタビューが目的です。テーマは日本の『お辞儀』です。集われていた10人程の方々へ、日本のお辞儀の印象はどうですか?お寺と神社でのお辞儀の仕方の違いが分かりますか?というような質問に答えて頂きました。お辞儀に関しては概ね好印象を持ち、相手に敬意を払う、丁寧に扱われている、歓迎されているという事で〔POLITE〕と表現された方が多くおられました。中には何度もお辞儀をされたりすることを丁寧過ぎると感じる方もおられました。

お寺と神社でのお辞儀の違いについても気づいておられ、「神社は賑やかで、お寺は静か」と表現された方には、その観察力に感心してしまいました。神社では拝殿で、二礼二拍手して神に向けて祈りの言葉を述べて一礼をします。お寺では本尊に向かって静かに手を合わせて礼拝します。このようにお辞儀して願い事が叶えばいいですね。

-関野 雅子

Go to TOP

高速バスで夏の旅

日本では電車の旅が人気ですが、高速バスの 旅という手もあります。高速バスは電車よりも 遅いですが、値段は安いです。多数の高速バス(夜行バスもあります)が大都市間や地方都市を結んで運行しています。

JRバスは全国のバス会社のひとつですが、他にも地方のバス会社が幾つもあります。料金体系はどのバス会社でも似ていますが、いくつかのバス会社は学生割引料金や早期割引料金を設定し、また4列シートバスも低料金です。京都/大阪から東京へ最も安く行くためには、青春メガドリームという、4列シート、リクライニングなしの夜行バスに乗車すればよいのですが、これだと片道たったの3,500円です。もう少し快適なバス旅行をお望みであれば、往復15,190円でドリームエクスプレスという3列独立シートのダブルデッカーバスがあります。なお、早めに計画をたて、出発の21日前に予約をすれば、35%の値引きがあります。新幹線では片道13,720円なのに対し、高速バスでは運賃がほぼ半減しますし、宿泊費を節約することも可能です。

(社)日本バス協会のホームページでは、料金や時刻表などが閲覧できます。
高速バスデーターベース:http://www.bus.or.jp/bus/

-Shi P'fng Ch'fng

Go to TOP

猛暑日

梅雨に入りこれから雨の季節になりますが、その後には暑い夏が待っています。気象庁の暑さを表す予報用語では、これまで「夏日=1日の最高気温が25℃以上の日」・「真夏日=30℃以上の日」がありましたが、今年から「 猛暑日=35℃以上の日」が新たに設定されました。これは35℃の最高気温を超える日が増えてきたためです。京都の夏は暑いといわれます。今から暑さ対策を考えておきましょう。

-藤村 英治

Go to TOP

-シリーズ-私の好きな京都―

このシリーズは、京都に住んでいる皆さんから「私の好きな京都」を紹介していただきます

13年前、京都に越してきた私は、京都大学農学部付近に住まいを構えました。そして、私はそのの環境にすっかり夢中になりました。

時間があると私は自転車で出かけます。白川通より西、東鞍馬口通の南側には、それぞれに趣のある大変美しい住宅が立ち並び、よく手入れされた庭からは四季折々の草花が顔をのぞかせます。伝統工芸品のような美しさからは、住んでいる人達の豊かさや勤勉さ、気品を感じます。

住宅街を一回りして、東鞍馬口通をさらに北へ向かうと、全く違った美しい田園風景が広がります。春の苺、夏の茄子・ピーマン・トマト、秋の稲穂、冬の大根など、雪の日にはお正月用を待つ葉牡丹が赤白交互にお行儀よく並んでいるのが見られます。様々な農作物は一年を通して私の目を楽しませてくれます。そうこうしている間に修学院中学前に到着です。北白川通のマクドナルドで一休みしたら、私はまた家まで自転車を走らせるのです。

市内中心部から自転車で30分もかからない場所に、こんな美しい田園風景と人々の暮らしがあることに心から喜びを感じます。しかもそこへは、いつでも、誰とでも、いえ、一人でも時間さえあれば出かけられるのですから。13年経った今でさえ、こんなに小さなことにも楽しみがいっぱいで飽きることはありません。

- 小令

Go to TOP

Designed by 溝井ゆきゑ (HP ボランティア)

http://www.yukirun.com/